ティンカー・ベル殺し

ティンカー・ベル殺し

作者名 :
通常価格 1,799円 (1,636円+税)
紙の本 [参考] 1,870円 (税込)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

夢の中では間抜けな“蜥蜴のビル”になってしまう大学院生・井森建。彼はある日見た夢の中で、活発な少年ピーター・パンと心優しい少女ウェンディ、そして妖精ティンカー・ベルらに拾われ、ネヴァーランドと呼ばれる島へやってくる。だが、ピーターは持ち前の残酷さで、敵である海賊のみならず、己の仲間である幼い“迷子たち”すらカジュアル感覚で殺害する、根っからの殺人鬼であった。そんなピーターの魔手は、彼を慕うティンカー・ベルにまで迫り……ネヴァーランドの妖精惨殺事件を追うのは殺人鬼ピーター・パン! 世界でシリーズ累計48万部突破!! 『アリス殺し』に続く恐怖×驚愕のシリーズ第4弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元クライム・クラブ
ページ数
279ページ
電子版発売日
2020年06月30日
紙の本の発売
2020年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

ティンカー・ベル殺し のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年12月30日

    メルヘン殺し
    今回はピーター・パンの世界。
    後半色々明らかになって嫌悪感を覚える中、ある人物への制裁が容赦なくてこのシリーズらしかった。
    この人があの人で……とか用心してたのにもう色々気持ち良く騙された。
    凄く面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月31日

    クララ…が合わずに離れていたけど、今回のは面白かった。グロさと非道な世界観、嫌いじゃない。
    動機やアリバイなどの推理も面白いが、結局誰が誰のアバターかってところが1番面白い謎。
    最後はある意味勧善懲悪で良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月28日

    小林泰三氏の童話殺しシリーズの4作目。今回も蜥蜴のビルに癒されました(笑)
    今回はピーターパン。私の中ではディズニー映画&スピルバーグ映画「フック」のイメージで読み始めたら……まぁ驚いた(笑)

    とりあえず、バッサバサと人が死ぬ。虫けらみたいにサクサクと死にます。このシリーズってこんなにたくさん死ぬ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月27日

    今度の題材はピーター・パン。とはいえ、童話として知っているあの物語を思い浮かべると、邪悪さへの変貌には度肝を抜かれます。でも巻末の原典についての注釈文を読むと、さほどかけ離れたものでもないのですね。意外。
    今回の物語の焦点となる事件はタイトル通りティンカー・ベル殺しについてなのですが。……殺人鬼ピー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月03日

    裏切らない面白さ。
    「アリス殺し」「クララ殺し」「ドロシィ殺し」大好きな3作の続編です。
    誰が誰のアーヴァータールかを推理しながら用心深く読み進めました。
    が、そこかぁ!思わずとツッコミをいれてしまいました。
    人を殺す事を何とも思わない純粋無垢なピーター。
    強力な独裁者である彼に、従わない訳には行か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月24日

    普通に面白かった!
    けどピーターパンとかティンカーベルの元々の話を私は知らないので誰?って人もいたけど、小説としては読めたし楽しめてよかった!
    先生時のループに入ったのめっちゃ可哀想
    ずーっと食べられるところとかめっちゃキモイなーと思った、
    犯人がピーターパンだと思ってたけど最後めっちゃびっくりした...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月04日

    蜥蜴のビルにイライラさせられたのは遠い昔。今は可愛くって仕方ない。寧ろ、ピーターパンより賢いのでは?!
    今回は奇妙奇天烈な会話は少なめで、ビルが割とマジメで大人しめ。グロさも鳴りを潜め、ムカムカ具合もそこそこだけど、安心して読めるものも悪くない。
    しかし、ピーター…ね。引っ掛かりは覚えてたけど、今回...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月24日

    今作も面白かったです。トカゲのビルのとぼけた会話がかわいらしい。童話の登場人物だからこその考え方も面白い。
    このシリーズがもう読めないの悲しい…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月05日

    アリス殺しから読んでいますが、どれもお伽話が土台になっていて面白いです^^
    今回はネバーランドということで、人形や妖精がでてきてよかったです!人を殺すことをなんとも思っていないピーター、彼はティンカーベルを殺したのか?二つの世界がつながる最後の部分は作者の真骨頂でした^^

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月13日

    このシリーズの醍醐味は「誰が誰のアーヴァタールなのか」と、夢世界のビルと登場人物との噛み合わない受け答え。今回はネヴァーランドで起きたティンカーベル殺人事件。基本的に地球での名前は犯人には当てはまらない鉄則…
    ピーターパンの話、実はあんまり詳しく知らなかったけど、最後の解説見たら元祖ってちょっと悲し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

創元クライム・クラブ の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング