いのちの車窓から【電子特典付き】

いのちの車窓から【電子特典付き】

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

星野源のエッセイ、待望の電子化!

星野源が、雑誌『ダ・ヴィンチ』で2014年12月号より連載をスタートした、エッセイ「いのちの車窓から」に、書き下ろしを加えて単行本化。
ドラマ「逃げ恥」、「真田丸」、大ヒット曲「恋」に2度目の「紅白」出演と、怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに。
星野源の面白さと、哲学と、精確さのすべてを注ぎ込んだ、誠意あふれるエッセイ集。

「人生は旅だというが、確かにそんな気もする。自分の体を機関車に喩えるなら、この車窓は存外面白い。」(本書「いのちの車窓から」より引用)

なお、装丁を吉田ユニ、カバー・挿絵イラストを『キルラキル』のキャラクターデザインもつとめた、すしおが手がけている。

【電子特典:写真&直筆コメント付き】

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
KADOKAWA
電子版発売日
2020年05月29日
紙の本の発売
2017年03月
サイズ(目安)
6MB

いのちの車窓から【電子特典付き】 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年06月04日

    誰にも優しくできないほど心が削れてしまった時、この本を開くとそっと寄り添ってくれます。源さんの言葉は、私のお守りのようです✉

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月30日

    『文章』という回で、星野さん自身読書や文章を書くことが苦手だったと書かれていますが、自分も10代から20代は、ずっと同じ様に読み書きが苦手でコンプレックスを抱えていました。

    そんな自分から見て、ここまで借り物でない自分の言葉で表現し、読む人の心を揺さぶる文章を書き、さらには「今は文章を書くことが楽...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月24日

    星野源さんの「そして生活は続く」を読んで、この作品も読みたいなーと考えています!
    絶対面白いだろうな〜

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月11日

    最高に面白かったです。
    『アイデア』の最後のアウトロが好きなんですが、あれは源さんの木琴好きから来てるのかなと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月15日

    こんなに活躍している人なのに、文章も日常も同じ時を過ごしてくれた。「これを伝えることによって、こう思われたい」気持ちを削ぎ落として書こうという気持ちが同じ匂い感覚を共有しているような気分になったと思う。すごい。すごい。
    過去、現在、未来の自分や他者、日常を面白く楽しく丁寧かつ雑に生きていてかっこいい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月21日

    文章に魅力を感じて引き込まれ、『よみがえる変態』からの時間の経過を確かめたくて読み始めたが、一気に引き込まれた。
    本作では、紅白出場も果たし、主演ドラマは社会現象にまでなった話題作。音楽、舞台、テレビ、映画と活躍の場が増えていく。

    感性が光っていたり、言葉のチョイスがすぐれていたり、いちいちあげれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月07日

    相変わらず星野源
    彼は文章が苦手と言うけれど、彼らしい優しい言葉で紡がれる生活の間の一瞬は大切なものを思い出させてくれるなと思う。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    イメージが変わる作品

    のり 2020年06月04日

    ずっと、紙媒体で読んでいましたが今回購入してみて電子書籍もいいなぁと思いました。ちょっとしたスキマ時間、に持つが多い時などとても便利です。
    音楽家、俳優のイメージの強い星野さんのこの作品。自分自身の陰と陽の部分を包み隠さず表現している様は、読んでいてなんだかスカッとします。そしてテレビで見るような...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ますます好きになりました

    とむとむ 2020年06月04日

    星野源さんは以前から曲を聴いたり、テレビドラマやNHKのコント番組で見かけたりしていましたが、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で好きになりました。
    文筆活動もしていると知っていましたが、読書があまり得意ではない私はなかなか手に取ることは出来ませんでした。
    しかし、今回は【電子特典付き】とゆー文字...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    やっぱり好き

    ほちの 2020年05月31日

    源さんのエッセイは読んでいて心地好い。
    「そして生活はつづく」の頃から比べると
    文章が洗練されていて、最初の頃の気負い
    がいい感じになくなっている気がする。
    その最初の頃の気負いに含まれた静かなる
    熱さも大好きだけど、この本のほんわかと
    した暖かさも大好き。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています