イエロー・サブマリン 東京バンドワゴン

イエロー・サブマリン 東京バンドワゴン

作者名 :
通常価格 1,485円 (1,350円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

堀田家は令和に突入してますますパワーアップ。大人気〈東京バンドワゴン〉シリーズ待望の第十五弾! ●「夏 絵も言われぬ縁結び」建築会社を経営する篠原新一郎が堀田家に相談を持ち掛けてくる。変わった家の解体を依頼されたが、本当に壊していいものか悩んでいるという。どうやら小説家か画家のアトリエに使われていたらしい。調べに入ったところ、屋内から血の付いた本が見つかり……。●「秋 元のあなたの空遠く」増谷裕太と会沢夏樹が今の借家を取り壊し、来年着工予定で家を新築する準備に入る。一方、小説家として名の知れてきた紺の元に盗作を訴える手紙が届く。戸惑いの隠せない堀田家だったが、それに加えて青の妻、すずみの子宮筋腫摘出手術の日取りが決まり……。●「冬 線が一本あったとさ」かずみが堀田家の面々の米寿の祝いや成人式の祝いにやってくる。久しぶりに堀田家を訪れるかずみは、自身がいるホームの入居者の中に地方の古本屋がいて蔵書の引き取り手を探しているという話をする。その傍ら、古本を店に買い置きする中学生の女の子が現われ……。●「春 イエロー・サブマリン」我南人のバンド「LOVE TIMER」がドラムス担当・ボンの死を乗り越え活動を再開する。研人は高校を卒業したら進学はせずにプロのミュージシャンになることを表明。幼馴染で彼女の芽莉依は東京大学の入学試験を間近に控え……。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文芸単行本
ページ数
312ページ
電子版発売日
2020年05月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

イエロー・サブマリン 東京バンドワゴン のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月21日

    シリーズ1冊目から連続で読み進めて、最新刊まで追いつきました。堀田家をやさしく見守り続けるサチさんの隣で、これからもこの大家族を見続けたいと思います。
    研人とメリーちゃんの今後が楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月09日

    人が増えたり減ったりしていますが、しんの部分というか、みんなが大事にしている部分は変わらず、安定して読むことが出来ました。
    ちょこちょことした事件は入ってきますが、堀田家の人たちがいい人たちなので、ほっこりと解決していきます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月14日

    さあ、本を読むぞと身構えずに、毎度お疲れさまです!みたいに親戚に会いに行くかんじでまた、ページをめくる。

    こうやってみると一年のなんと早いことか…
    事件あり、新たな人間との出会いありで、「東京バンドワゴン」は賑やか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月29日

    子供たちも大きくなったな。
    なんか、自分の親せきを見ているような気分になってきました。ここまで読み続けると。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月18日

    亜美ちゃんは怒ると怖い。
    勘一さんでも怖い。
    そしてついたあだ名が!!!衝撃でした。
    私は東京バンドワゴンの登場人物の中で紺さんがお気に入りなのですが。
    今作の春の章では、紺さんも怖かったですねー。
    紺亜美夫婦は怒るとこわいよー((( ;゚Д゚)))

    このレビューは参考になりましたか?

    安心

    みのりん 2020年06月09日

    安心の堀田一族!
    ずっとこのシリーズを読んでますが人の暖かさを感じます。
    それぞれのキャラクターの成長をみているとまるで友達の子供や親戚みたいな気持ちになります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月29日

    大好きな東京バンドワゴンシリーズ第15弾。
    もう安定の面白さ。
    ちょいちょい昔のエピソード忘れていたりするけれど、それすらもたまに会う親戚でこの人誰だっけ?くらいな感覚で楽しめる。

    今回は研人と芽莉依ちゃんの高校卒業という節目。
    研人のイケメン度がどんどん上がって行っている!
    次からはまた新生活が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月25日

    心酔する芸術作品への愛、おじいちゃんおばあちゃんへの愛、血縁はなくても一緒に暮らす人たちのお互いへの思いやり。今回もたくさんのLOVEが詰まっていて幸せな一冊でした。
    サチさん、若者文化にもすごく詳しくなってますね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月10日

    4月になれば、東京バンドワゴンの季節だなと思う。
    冒頭のサチさんの語りに、すーっと引き込まれて、バンドワゴンの世界が広がっていました。

    前作は悲しい別れもあったけど、今回は幸せな門出が多かった気がする。
    最後はハラハラさせられたけど、団結力のある堀田家だからこそ、かな。

    今の世の中で新しい生活様...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月09日

    年に一度のお楽しみ。
    堀田家のみなさんとの再会。
    大事件はないものの、何かあると結束するチーム堀田家が頼もしい。
    だんだん、仲間の輪が大きくなる。
    新登場の大学生さんたちも魅力的で、これからも出てきてくれるかなぁ、なんて。
    藤島さん、大決心してくれて、なんだか嬉しい。
    うん、うん、そうこなくっちゃ。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています