侵略者(アグレッサー)

侵略者(アグレッサー)

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
紙の本 [参考] 1,870円 (税込)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

航空自衛隊飛行教導群に所属するF-15パイロットの森近は、訓練中に不明機の急襲を受ける。何とか空域を脱出した森近だが、同僚の深浦と安田の機体は撃墜され、行方不明となる。二人は目を覚ますと、独立国家樹立を目指す〈ラースランド〉が保有する最新兵器〈クラーケン〉の中に拘束されていた。さらにリムパックによる作戦〈ディープ・ライジング〉によって、〈クラーケン〉を追い詰めるが……。壮大なスケールのエンタメ小説!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
光文社
電子版発売日
2020年05月20日
紙の本の発売
2020年05月
サイズ(目安)
1MB

侵略者(アグレッサー) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年07月30日

    単にいい人では政治家はつとまらないと言われながら
    単にいい人だけではないみたいで人物の書き方うまい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月26日

    スケールの大きな読み応えたっぷりの作品。世界が目を背け先送りしている環境や少数民族などの問題をテロリストの主張を通して、さりげなく提示。それでいて読後感も爽やか。このままだとパンデミックが発生しやすくなる事も予言でなく指摘。よく描ききれるものだ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月22日

    自衛隊機が、訓練中に謎の航空機(アンノウン)に撃墜されるショッキングなシーンから始まる。脱出した2人の自衛官は、テロ組織に拉致される。
    よくあるストーリーのようだが、民族問題や政治問題に発展し、最後は謎に包まれた終わり方をする。
    映画を見たような感覚になった。
    登場人物の今後が気になる終わり方だった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月07日

    んー不完全燃焼( ̄~ ̄;)アグレッサーの話だと思ってワクワクして読んだせいかな?(^^;)近い未来にありそうな話でワクワク、ドキドキするんだけれど、最高潮に達する前にスカッと逸らされるような…(--;)この気持ちを満たしてくれるような続編が出ると良いなぁ( ´△`)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月14日

    作者が得意な防衛ものかと思って、久しぶりに楽しみにして、読んだ一冊。
    物語の始まりは航空自衛隊の百里基地で訓練をしている様子から始まる。
    訓練中にアンノウンの機影が現れ、訓練中のファントムの1機を撃墜してしまう。
    もう1機のファントムを逃す為、イーグルのパイロットのクロウはアンノウンの敵機に向かって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月24日

    ラストのどんでん返しは予想通りだったけど納得しました。
    こうあって欲しいそのままですね。
    小説より映画⁉️
    難しいからアニメかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月21日

    うーん、面白くないわけではない(ワクワクする場面もちゃんとある)のに、少しだけ読後感が物足りない感じ…??

    で、カイトはなんでその決意を固めたのか、決め手が弱い気がする…

    でも映像化したらおもしろそうだね。ものすごくお金かかりそうだけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月08日

    「侵略せよ」じゃないのかよ、と思ったら、あっちは角川だった、と。
    で、こっちは光文社、と、いうことは、カノンのシリーズの方は打ち止めってことなのか?

    で、本作、拉致の女王は通常営業、ならば、「侵略せよ」で良かった気が(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 小説

小説 ランキング