古くてあたらしい仕事

古くてあたらしい仕事

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

転職活動で50社連続不採用、従兄の死をきっかけに33歳でひとり出版社を起業した。編集未経験から手探りの本づくり、苦手な営業をとおして肌で触れた書店の現場。たったひとりで全部やる、小さな仕事だからできること。大量生産・大量消費以前のやりかたを現代に蘇らせる「夏葉社」の10年が伝える、これからの働き方と本の未来。

ジャンル
出版社
新潮社
電子版発売日
2020年05月01日
紙の本の発売
2019年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

古くてあたらしい仕事 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年04月19日

    『僕が本屋さんが好きで、本が好きなのは、それらが憂鬱であったぼくの心を支えてくれたからだ。それらが強いものの味方ではなく、弱者の立場に立って、ぼくの心を励まし、こんな生き方や考え方もあるよ、と粘り強く教えてくれたからだ。』
    本を読むこと、本屋さんに行くことが好きでほんとうに良かったと思えた。本は生活...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月21日

    これすごい好きだな。あっという間に読んでしまったけれど、この先何度もふと読み返してしまうと思う。
    きっとその度に、その時々の自分の身の回りのことに思いを馳せながら。確かに…本を読むというのがどういう事かを、初めて言葉で認識したような気がする。そして私も読むこと云々の前に、本のあの見た目が、佇まいが好...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月07日

    島田さんの、本と本に関わる人たちへの愛が感じられ、本ってステキだな、私もなんやかんや頑張るぞーという気持ちになれた。誰かに必要とされることに感謝しよう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月02日

    夏葉社の島田さんの、ひとり出版社を立ち上げるまで、それから10年経って今思うこと。
    淡々と語られる出来事の裏に、喜びや悲しみがきっとあった。そこに思いを馳せると胸が熱くなる。
    こうして作っている人の思いを読むと、出版される本がまた違って見えてくる。
    一冊一冊からその本を作った人の気持ちが立ち上ってく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月20日

    具体的で手応えのある仕事をコツコツしている姿に感動した。
    こういう仕事をわたしも作りたい。


    以下、線を引いた箇所の写経

    もしかしたら、ぼくは大した仕事ができないかもしれない、とも思う。
    けれど、そもそも世間に認められたくて、仕事をするのではない。だれかを打ち負かすために、仕事をするのでもない。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月11日

    大きな仕事と小さな仕事。小さな仕事の自覚を持ちながら、大きな仕事の意義を否定することもない。自分の立ち位置でできることをコツコツとやるのだという気持ちになる本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月05日

    「本を読むということは、現実逃避ではなく、身の回りのことを改めて考えるということだ。自分のよく知る人のことを考え、忘れていた人のことを思い出すということだ。」
    「素晴らしい作品は、いつまでも心のなかから消えず、それは内側から生活するものを支える。」

    まさに、この本がそんな作品になったなぁ。
    社会人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月22日

    この本の存在を「光」と捉える人がいっぱいいるのではないでしょうか?会社への就職という働き方にうまく適応出来なかったけど「ひとり出版社」を興し「好きなこと」を「仕事」にすることが出来た人の幸せな物語です。「働き方改革」をみんな口にするけど、それは「働かせ方改革」「働かされ方改革」でしかない、と感じてき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月09日

    ずるく立ち回れる人が地位やお金を手にしたり、声の大きい人だけが得をしたりするこんな社会を支えているのは、未知のウイルスに身を晒した挙句になけなしの賞与を奪われてしまう医療従事者であり、未曾有の天災で住む場所を失い旅行キャンペーンどころではない名も無き人々だ。

    島田さんが「ひとり出版社」夏葉社を始め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月30日

    見栄を張らず、自分に合った仕事
    希薄になっている人と人との関わり
    焦らず自分の人生を全うしたいと思った_φ(・_・

    2020/6/27 ★4.4

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています