あの日の交換日記

あの日の交換日記

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

先生、聞いて。私は人殺しになります。お願いだから、じゃましないでね?「教師と児童」

私は彼女に合わせる顔がありません。毎日不安でいっぱいです。「上司と部下」

交換日記を始めるにあたって、一つだけ、お願いごとがあります。
このノートの中でだけ、今まで話してこなかったようなことを振り返ってみる。
それって、なんだか素敵じゃないですか?「夫と妻」

嘘、殺人予告、そして告白……。大切な人のため綴った日記に秘められた真実とは?
気鋭の若手ミステリ作家が記すのは、驚くべき仕掛けとその後訪れる感動。

ジャンル
出版社
中央公論新社
ページ数
312ページ
電子版発売日
2020年04月21日
紙の本の発売
2020年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

あの日の交換日記 のユーザーレビュー

    購入済み

    人の優しさって、

    しおり 2020年06月18日

    一つ一つの話は違うのに読み進めていけばいくほど点と点がつながって、あっという間に読み進められました。交換ノートでコミュニケーションがとれる、今もそうありつづけたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月22日

    騙されました!
    最後の章で明かされる真実!
    なるほど!そういうことだったのか!!
    読み進めるほどに、パズルのピースがハマっていく感じが読んでいて気持ち良かったです。
    文章って、不思議ですよね。
    手書きの文章の中の相手への愛…
    たくさん感じてもらいたいです。


    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月21日

    交換日記を軸に、人と人との関わりが綴られていく。仕掛けられた謎にいつのまにか引き込まれて、時間を忘れて読み進めてしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月21日

    ジャンルとしてはミステリーに入るのでしょう。でも、これほど優しくて温かいミステリーは知りません。名前が出てくるたびに、ああ、あの人、ととても温かな気持ちになれました。そして交換日記に記される先生の言葉が実に素晴らしく、大人の私にも響きます。こんな言葉を言えるようになりたい、、もういい歳なのにそんな風...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    サクサク読み進められました

    2020年05月16日

    心温まる作品です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月01日

    全7話で、それぞれ異なった二人の交換日記が綴られているのですが、そこには最後、ちょっとした驚きの展開と感動がありました。あらすじを説明するにもネタバレに繋がりかねないことだらけですが、全てが繋がっていて、とても面白かったです。

    最初の目次を見る限り、それぞれの話との関係性がないように思われていまし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月28日

    一気に読みました。
    7つの物語りが繋がっていく…その感覚がとても気持ちがよかったです。
    一つ一つの物語がとても温かく、とても胸が熱くなりました。いい本に出会えて感謝です

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月27日

    登場人物がそれぞれ交換日記をする連作短編集。

    前半ちょっとつまらないかも・・・と読み進めていくうちに何がどうつながっているのやら、とドキドキ・・・。
    双子ちゃんの回と職場の業務日誌の回が好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月13日

    テレビ番組「王様のブランチ」で紹介されてからネット書店では長らく品切れだった作品(著者は辻堂ゆめさん)。全7編で構成される連作短編小説で、各編ごとに交換日記をするふたりが主役となる叙述トリックを使ったミステリー小説。各編最後に(その編の)真相は明らかになるが、うまいぐあいに全編繋がっており、ラスト7...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月10日

    7つの交換日記。どれもとても優しいお話だった。個人的には被害者と加害者が一番好き。
    ひとつひとつの驚きはそんなに大きくないけれど(ネットの感想から予想してしまった…もったいないことしたなぁ。でもここでつながるのか、というものも)どれもとても優しいものが込められていたなぁとあたたかな気持ちになった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています