大一揆
  • 値引き

大一揆

作者名 :
値引き価格 990円 (900円+税) 9月24日まで
通常価格 1,980円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

圧政に屈せず!

嘉永六年五月。圧政を強いる盛岡藩に抗して民百姓が立ち上がった。彼らを導いた首謀者の一人、三浦命助は、一揆に初めて参加したにもかかわらず数々の策を練って武士を翻弄。藩政への怒り、騒ぎに乗じた憂さ晴らし、取るものもとりあえず――膨れ上がる群衆をも巧みにまとめあげた。時を同じくして浦賀に異国船が渡来する。そのことが交渉の行方にも影響して……。果たして、一揆衆の要求は通るのか? 時代の流れに翻弄される百姓たちのドラマを描く、熱き歴史長編!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2020年03月28日
紙の本の発売
2020年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

大一揆 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月29日

    嘉永6年(1853年)に南部藩で起きた三閉伊(さんへい)一揆を題材にした小説。

    様々な景気高揚策に失敗した南部藩はそのツケを領民に回し重税を課すという悪政を敷いていた。6年前の一揆で藩に約束を反故にされた三閉伊地区の住民達は、今度は隣の仙台藩を巻き込むために8000人もが越境し、南部藩に48か条も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月25日

    「昔、こんな人がいました」的な感じでした。
    一揆ってこんな風にやるものなんだと、興味深かったです。

    命助の人物像が、いまひとつハッキリとしてこなかったのが、残念でした。
    一番しっかりと芯を持っていると感じたのは「たせ」
    とてもカッコ良かったです。

    人と人がコミュニケーションを取っていくことの大切...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています