緋色の残響

緋色の残響

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

2008年日本推理作家協会賞受賞作「傍聞き」で、40万人超の読者を魅了したシングルマザー刑事の啓子と一人娘の菜月。そのコンビが全編の主役を飾る連作短編集が、多くの期待の声に応え遂に刊行!「ザ・ベストミステリーズ2019」に選出された表題作を筆頭に、短編ミステリー作家として不動の地位を築く著者の手腕が存分に発揮された5編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
双葉社
電子版発売日
2020年03月20日
紙の本の発売
2020年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

緋色の残響 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年09月19日

    全編すっきりと読みやすくて面白かった。母娘の距離感が微笑ましくいいなと思った。長岡弘樹は短編のイメージが強いけど長編も読んでみたい(出してる?)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月23日

    「傍聞き」の羽角母娘が登場するミステリ短編集。ミステリとしての手掛かりはわかりやすい印象なのですが、だからといって全部あっさり見抜けるかというとそうでもなく。微笑ましく、ときには厳しい人間ドラマの数々にしんみりさせられます。刑事の母・啓子はもちろん、娘の菜月の素晴らしい洞察力には感服させられるばかり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月21日

    女性が主人公のお話は好きです。
    今回は、刑事羽角啓子より娘の菜月の活躍が目立ちました。
    子供ながらさすがの着眼点だと感心しました。
    これからもこのシリーズ読みたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月16日

    設定が凝ってる。
    こんなに賢い中学生いるのだろうか?
    少なくとも自分や自分の子供たちは全く該当しない…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月18日

    羽角啓子、強行犯係の女性巡査部長。
    シングルマザー、中学生の娘が一人。
    亡くなった夫の思い出を大切にもちながらも、仕事に、育児に全力を傾ける。
    娘の気づきが捜査に活きることもある。
    5つの物語は娘の成長にも繋がっている。
    ミステリーとしては、おもしろい。
    動機や方法など、謎となるものもそれぞれ異なっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月10日

    「傍聞き」に華々しくデビューを飾ったシングルマザー刑事と一人娘のコンビが全編の主役を飾ります。

    一見すると、ごくありふれた日常生活の中、洞察力と推理力が半端ない∑(゚Д゚)

    やはりこの親子只者ではないですね。

    警察官の両親をもつ娘は、世の中に隠れる真実を明らかにさせたいと新聞記者を目指す中学生...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月06日

    休日のお楽しみ

     面白かった。コナン君みたいな女子中学生が主役になるのかな。浮世離れ&非現実ギリギリセーフって感じ。メダカの話だけ良く理解できないけど、全てにおいてきちんと物語の半分までにヒントを示してくれているから、とにかくフェアなミステリーだね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月31日

    母が刑事、娘は新聞記者希望の新聞部員の中2。
    だからといって、先生やら生徒やらがそんなに犯人や被害者になるのか?
    設定には無理がある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月03日

    母娘の近くで大事件が発生しすぎだけど、地味だけどなるほどこうくるかという謎解き。

    今後のシリーズ、娘・菜月の成長とともに展開する新たなミステリーに期待!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月28日

    既刊の短篇集「傍聞き」、「赤い刻印」でも表題作を飾ったシングルマザー刑事・羽角啓子とその娘で新聞記者志望の菜月が全編主人公の5つの短編集。

    短篇だけに、登場人物が少なく、最初から被害者と加害者が想像できることや、主人公の身近の人物に関係者が多すぎだろ!と突っ込みたくなることはさておいて、どの短編も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています