学校の「当たり前」をやめた。 生徒も教師も変わる! 公立名門中学校長の改革

学校の「当たり前」をやめた。 生徒も教師も変わる! 公立名門中学校長の改革

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「林先生の初耳学SP」で林先生と対談し大反響!!
林修先生が“今最も会いたい教育者”として対談。
なにかうまくいかないと人のせいにする
日本社会全体でこの“当事者意識”が薄れているのではないか
小さい頃から教育を通じて子どもたちに当事者意識を持ってもらうことが一番大事

いま、子どもを入れたい中学校No.1
今の学校教育は必ず競争を煽る制度になっているので、比べるなというのは難しいですが、
よその子と比べるのではなく、我が子の過去、今、未来をみてください。
ありのままの人間像を受け入れて、挑戦する心を奪わない。
そうすれば、子どもは自分の力で人生を切り拓けるようになるはずです。
「VERY 2019年8月号」家庭でもできる 麹町中的教育

週刊東洋経済(4月27日・5月4日号)
読売新聞(4月25日付)
NHK「ニュースウォッチ9」(5月9日)
朝日新聞「多事奏論」(5月11日付)
すばる(2019年7月号)
文藝春秋(2019年7月号)
週刊文春「阿川佐和子のこの人に会いたい」(6月27日付)
フジテレビ「めざましテレビ」『イノ調』(7月11日)
TBS「あさチャン」(7月24日)
にも登場、ほかにも取材殺到中!

東京のど真ん中に
学校の常識をみんなひっくり返している
公立中学校長がいる!

宿題は必要ない。固定担任制も廃止。中間・期末テストも廃止。

多くの全国の中学校で行われていることを問い直し、本当に次世代を担う子どもたちにとって必要な学校の形を追求する、千代田区立麹町中学校の工藤勇一校長。

自ら学習し、将来を切り拓く力は「自律」。
大人が手を掛けすぎて、挙句の果てに、何でも他人のせいにするようなことにならないよう、中1から中3までの授業や行事を組みかえる。
生徒や保護者に強く支持される学校づくりの全貌がここに。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
時事通信社
ページ数
216ページ
電子版発売日
2020年03月04日
紙の本の発売
2018年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

学校の「当たり前」をやめた。 生徒も教師も変わる! 公立名門中学校長の改革 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年11月08日

    上司から「今の仕事の目的をきちんと考えろ!」と言われ続けているが、この本からも学んだ。
    大切なのは、固定概念にとらわれず、上位の「目的」を見据えながら、最適な「手段」を見つけ出すこと。
    また、極端に相反する考え方も、その1つか2つ上の目的を確認し合えば、同じ目的を目指していることが分かったりするとい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月25日

    学校の存在理由は「子どもたちが社会の中でより良く生きていくための力を育むため」
    →【自律】させる。※今の手厚すぎる指導は・・?


    本書のヒット内容ベスト3
    ・大人が勝手に「問題視」して理想を掲げるから「問題行動」が起きる。←個人の意思を叱ることで損なわれる自己肯定感の方が問題。

    ・動かない人を動...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月13日

    すごく面白い

    大事なことは目的
    学習指導要領も人格の完成を達成する手段である。学校も手段。行くことが目的になってはならない

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月10日

    正直「当たり前をやめる」ことは特別なことでもなんでもなくて、普通に行われる社会にしていきたいと思った。
    言葉は厳しいけど、会社でもどこでもアップデートし続けなければ廃れてしまうだけ。
    学校にはまだまだ「それは何のためにあるの?」ということが暗黙の了解で存在している。
    社会...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月26日

    最上位目的を考えることが大切
    その下に目標や小さな目的がある

    小さな改善を積み重ねていくことが大切
    掃除をすることで信頼が得られる

    自分が言ったことが分かってももらえずイライラする事がある

    人がそもそも動いてくれないもの動かせるようになってこそ本物のリーダー初めは誰もできない

    多数決で終わり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月23日

    学校教育の問題として「手段の目的化」が取り上げられている。
    例えば「ノートのとり方」に関して、
    本来は自分で学習を振り返るという目的でノートをとるという手段を用いるのに、教師によってノートがA、B、Cと評価を付けられることで、ノートを綺麗に書くことが目的となってしまている。
    このような「手段の目的化...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月15日

    道徳教育についての部分が印象に残った。
    道徳教育の目的は行動。
    「心のあり方」以上に「行動すること」が大切。
    立派なことを考えていても行動できない人より、邪な理由でも行動できる人になりたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月26日

    千代田区立麹町中学校長の本。

    とても読みやすく勉強になることばかりだった。

    定期的に読み直したい1冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月05日

    教育への情熱がスゴい。
    当事者意識、最上位目的のコンセンサス、そして、当たり前を疑って常に改革意識を持つこと。
    ビジネスの場面でも活かせることがたくさんあると感じました。
    漫然とした現状を打破したいと考えるビジネスマンにとって、エネルギーをくれる一冊。
    名著だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月25日

    「やってみたい!」この事に着きます!
    こんな校長先生の元で勉強したいです。
    学校の当たり前は、おかしいことが多すぎます。
    服装、頭髪。それだけでどれだけ指導するか、指導されるか。生徒と教師の関係が悪くなるだけです。
    こちら側が指導しやすい、みんな一緒、おかしい!

    子どもに目を向けましょう!世界に目...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています