言の葉は、残りて

言の葉は、残りて

作者名 :
通常価格 1,815円 (1,650円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【第32回小説すばる新人賞受賞作】海沿いの地にある鎌倉幕府。美しい景色とうらはらに、そこには陰謀、嫉妬、憎しみが渦巻いていた。そんな中、若き三代将軍・源実朝のもとに、摂関家の姫・信子が嫁いでくる。突然の縁談と異国の地に不安を覚える信子だったが、実朝の優しさと生まれて初めての海の匂いに包まれ、次第に心をゆるしていく。一方の実朝も、信子が教えてくれた和歌の魅力に触れ、武の力ではなく言の葉の力で世を治めたいと願うようになる。しかし、殺戮さえいとわない醜い権力争いが、ふたりを否応なく悲しみの渦に巻き込んでいく――。新世代の作家が描く、何度も心を揺さぶられる歴史恋愛小説。◆選考委員・村山由佳氏 絶賛!「遠い時代を生きる主人公たちの運命に、こんなにも胸かきむしられるとは。新人離れした豪腕」

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文芸単行本
ページ数
344ページ
電子版発売日
2020年02月26日
紙の本の発売
2020年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

言の葉は、残りて のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月24日

    来た~っ、今年初の星5つ!すごく好き~!
    歴史は苦手で、鎌倉幕府3代将軍って誰?くらいの私でも、いや知識がないから余計に純粋に物語としてどっぷりとこの世界に浸れました。
    実朝と信子の愛情あふれるシーンにはため息が出るほどウットリし、北条政子の冷徹な決断にはひえ~っと恐れ戦きながらも、彼女の妻として母...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月28日

    信子と実朝をただの恋人として出会わせてあげたかつた。

    公家や朝廷の意をくむ御台としてではなくまた、将軍としてでなく。

    言の葉を紡ぐ二人が切なくて中々読み進めなくて困りました。
    歴史的に知っているため分かってしまう。

    でも、あまり歌を近くに感じていなかったけど今も続く言の葉に感覚を研ぎ澄ます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月26日

    文章、雰囲気がとても好み。1人1人、登場人物が丁寧に描かれていて、普段あまり読まない時代小説なのに、とても入り込みやすかった。
    余韻が残る読後感。
    素敵でした。デビュー作とのことで、次作をチェックしたい作家さんです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月25日

    歴史絵巻のような一冊。

    鎌倉幕府三代将軍 源実朝と妻 信子の愛と生涯を描いた物語。

    まるで美しい歴史絵巻をゆっくり紐解き見せられるような時間だった。

    言葉ではなく言の葉、御台所ではなく みだい。

    柔らかな美しさに包まれるようなこの響き、そして言の葉一つで良くも悪くも人の心を動かせる…随所で言...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月05日

    実朝と信子の政略結婚を超えての純愛と鎌倉幕府の抱える闇,北条一族の暗躍がそれぞれの哀しい思いとともに語られる.一族を皆殺しにせずとも成し遂げられる道があったのではないかと思ってしまう.金槐和歌集が残ってそれは本当に良かった.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月03日

    鎌倉時代、源実朝のもとへ信子が嫁ぎ、心を通わせていくも権力争いに翻弄されていく時代小説。
    第32回小説すばる新人賞受賞作。

    親族同士で権力争いの陰謀だらけで生き辛そうな時代だなぁ…
    武芸が苦手で穏やかな実朝と信子が寄り添っていく様子が瑞々しく描かれていた。実朝と義時の生き方がすごく対称的だった。3...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月19日

    実朝と信子いつまでも初々しくていいなぁ(*´-`*)私は、歴史が苦手で、名前も読み方とかこんがらがってしまい、読むのに大変だった(笑)でも、こういう小説で知るのは、わかりやすい。言の葉の力で世を治める。実朝は、心優しい人だけど、芯をちゃんと持ってる人だったんだなぁと。切なくて、もどかしくなる小説だな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています