女子プロ野球クライシス 創設者、10年目の告白

女子プロ野球クライシス 創設者、10年目の告白

作者名 :
通常価格 1,078円 (980円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

100億円投資の結末は、
選手の半分以上、36名の一斉退団だった。

世間に、選手たちに
この熱い想いは届くのか?
ノウハウ0からスタートし、
手探りで歩み続けた女子プロ野球の10年と、
未来にかける思いを創設者自らが告白する。


2007年8月。兵庫県丹波市。
祖母の墓参りに行っていた私は、偶然野球の場内アナウンスを耳にし
生まれてはじめて女子野球を観て、衝撃を受けました。
試合後、号泣する女の子たちの、涙の理由を知りました。
その涙を、止めてあげたい。
環境により野球を諦めなくてはならない、その悲しさを、なくしたい。
夢を見られる「プロ」という世界で、彼女たちが何の不安もなく野球を続けられるようにしてあげたい。
私は、そのために走り続けているのです。

(エピローグより)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
スポーツ・アウトドア / スポーツ
出版社
現代書林
ページ数
218ページ
電子版発売日
2020年02月17日
紙の本の発売
2020年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

女子プロ野球クライシス 創設者、10年目の告白 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月13日

    女子プロ野球を立ち上げた創設者の本
    去年36人が一斉に退団した理由とか
    あとは立ち上げからの10年どんなことがあって
    今に至るのかを記してある
    100億円使った企業、わかさ生活の社長。
    週刊文春に色んなことを書かれてバッシングがあったりとか
    創立者の健康のこと、選手の年俸や仕事のこと
    試合場所からな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています