ONLYNESS~組織も肩書もいらない人生をつくる

ONLYNESS~組織も肩書もいらない人生をつくる

作者名 :
通常価格 2,090円 (1,900円+税)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「今年のベスト本!」と全米話題沸騰の新刊、ついに上陸!
TEDTALK再生回数上位10%
Thinker50連続ランクイン!

「大胆で刺激的なアイデアで生きる。勇気が湧いてくる書だ! 」
ダニエルピンク
「性別や年齢に関係なく誰もが使える“新しいパワー”がここにある!」
スーザン・ケイン

組織や上下関係はもはや力を持たない。
本質にフォーカスして、自分の人生を生きる。
これからの時代を生きるには、組織も肩書も捨てて生きる覚悟が必要になる。

<下記は目次より抜粋です>
1章 権力も立場も関係ない時代

今の環境から飛びだせば、本物の仲間と会える
肩書きがないからこそ、見える世界がある
歯車のひとつになるような働き方をやめる
年齢、性別、肌の色に関係なく、だれもが世界を変えられる時代

パート1 自分の個性をいかす
――自分が大切にしているものに気づく

2章 自分の居場所をつくる

押しつけられる「あなたらしさ」は拒否していい
既存の枠のなかに自分を押し込めてはならない
「他人からどう見られるか」が新しいアイディアを殺してきた
少数派は30%に達すると尊重される

第3章 目標を見つける

挑戦に綿密な計画はいらない
成功を求めると失敗するワケ
正しさにとらわれない

パート2 仲間の見つけ方
――人間関係のパワーを変える

第4章 「自分の同類」を見つける

SNSでやってはいけないこと
批判的な人の意見を敢えて聞く
信じてもらうには、行動を見せるしかない

第5章 共通点ではなく、「共通の目標」をもつ

「売れるかどうか」ではなく、「好きかどうか」で決める
「業界の常識」を疑う
人は強制では変わらない
10%の仲間がいれば変化は起こせる

第6章 信頼で集団の力を最大化する

集団の力を最大化するために
「うまく自分をさらけだす」という能力
パワーは、専門家から個人へと移っている
信頼の基準を考える

パート3 変化を起こす
――共通の目標をもち、一体となる

第7章 無関心な人を引き込むには

大勢の人たちに関心をもってもらう
人は、「正しさ」では動かない
権力者が世界を牛耳る時代は終わった

第8章 集団のまとめ方

人に仕事を任せることを覚える
アイディアは自分発信じゃなくてもいい
欠けていたのはゴールの設定

第9章 人生で達成したいこととは

個人の能力を発揮できる体制をととのえる
人間の想像力はテクノロジーに勝る
肩書きや学歴は個人の能力と関係ない

第10章 既存の枠に収まらないパワーを得るために

自分の人生は自分で決める
一人ひとりの能力をいかす
オンリーネスの世界を実現するために

ジャンル
出版社
大和書房
ページ数
312ページ
電子版発売日
2019年12月25日
紙の本の発売
2019年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ONLYNESS~組織も肩書もいらない人生をつくる のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月20日

    生い立ちなどから来るその人にしかないものを活かし、行動を起こし仲間を集め活動を大きくしていくこと。 最初は自分のブランド化のようなものと思ったが、本文でも冒頭で述べられるようにそれとは異なる新たな概念。その思いは、本書を読み進める中で実感していった。
    紹介される具体的なエピソードは、スケールが大きい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月17日

    「オンリーネス」は、他人とは異なる個性を最大限の強みにしようとする著者の造語。
    読む前は、組織の中で個性を活かす働き方、個性の磨き方、といった内容を想像していましたが、全く異なり、少し残念な印象でした。様々なところで、周りからの圧力や偏見に負けずに逆境を克服した物語を交え、個性の見つけ方に始まり、目...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています