大名倒産 上

大名倒産 上

作者名 :
通常価格 1,599円 (1,454円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

借金の積もり積もること二百年、御家を救う唯一の手立ては計画倒産!?
読めば福がやってくる! 笑いと涙の経済エンターテインメント。

「文藝春秋」連載中から「面白い!」の声続々!
〇江戸時代にもロスジェネってあったんだ!と思いました(30代女性)
〇鮭と米がとにかく美味しそう……。(40代男性)
〇もはや古典落語のような語り口、どこで止めていいのか分からない!(40代女性)
〇『プリズンホテル』以来の大笑い。それでいて、ほろり。こんな浅田作品が読みたかった! (60代男性)

丹生山松平家三万石を襲いだばかりの若き殿様は江戸城で脂汗を垂らしていた。
――御尊家には金がない。
老中からの宣告に慌てて調べてみれば藩の経済事情は火の車であった。
奇跡でも起こらぬ限り返しようもない額の借金に押し潰される寸前の弱小大名家。
父である御隠居はこの苦境を見越して、庶子の四男である小四郎に家督をとらせたのだ。
計画的に「大名倒産」を成した暁に、腹を切らせる役目のために……。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
352ページ
電子版発売日
2019年12月06日
紙の本の発売
2019年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

大名倒産 上 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月15日

     町や地方の景色描くときの古古しい言葉遣いの格好良さと言ったら、浅田さんに勝る人がいるでしょうか。きっと時代考証が綿密でどれほど調べあげたかわからないくらいのたくさんの中のほんの一部がこの作品の中に入っているのだと思います。
     ワタシの涙の友の浅田さんですが、この作品は終始楽しく読ませていただきまし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月10日

    借金総額二十五万両、支払利息だけで年間三万両。ここ数年の歳入はせいぜい一万両。先代が計画倒産を目論む藩の当主となった妾腹の四男。藩の運命や如何に。

    ハズレのない浅田次郎作品、上下巻の上巻。江戸時代も末期に至ると米を中心にした封建の政治は商品経済の進展により次第に危機に陥る。本書の舞台は越後国は架空...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月15日

    これはもう、最初から笑って笑って笑い倒しました。めちゃおもろかった。
    江戸詰からスタートし、前半は参勤交代で初めて越後へ向かうまで。越後丹生山松平、塩引き鮭が名産、となると村上藩しかない。シャケの殿様とか抱腹絶倒。そして、若い殿様の周りの人々がすべてとても雰囲気が良いキャラで固められていて、癒される...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月10日

    小大名が借金で首が回らず、倒産を画策し、庶子である4男を跡継ぎにして責任者として詰め腹を切らせようとした父親の画策に反撥する話。
    上巻は首が回らないお家の事情が明らかに。
    ただ福の神を貧乏神が紹介する、殿様の父が鮭の放流をするなどの殖産の手がかりがある。下巻の展開が楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月25日

    あくまでもフィクションの時代劇エンターテインメント。借金まみれで藩の”倒産”を目論む先代藩主と何も知らずにその計画のために担ぎだされた四男坊(現藩主)の奮闘の様子が描かれます。とは言え浅田次郎の手に下掛かるとまともな時代劇には収まらず,貧乏神やら七福神まで登場してファンタジー要素もたっぷりのエンター...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月28日

    初めはページをめくる手が遅かったが、だんだんと速くなるように、話がどんどんと面白くなっていく。これは、前に読んだ「一路」と同じ展開。きっと下巻は一気読みだろう。たのしみだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月21日

    やっぱり当時の文体を残した歴史小説は読みにくく、なかなか進まなかったが、半分を超えたあたりから慣れてきて、ストーリーも面白くなってきた!
    下巻を読むのが楽しみ。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月28日

    「さよう。兄だからとて娘だからではのうて、人間は不幸の分だけ幸せにならねばならぬ。」(p186)
    他の著作でも読んだような気もするけど、流石、泣かせの浅田次郎。こういうところがよくて、ついつい読んでしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月05日

    松平丹生山藩の藩主は積もり積もった借金25万をちゃらにすべく倒産を目論む。隠居を決め家督を四男小四郎に譲る。
    父の画策を知らない小四郎は借金返済のために奔走する。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月26日

    えらいこっちゃ。
    大名倒産。
    しかも計画倒産。
    「一路」「黒書院」「壬生義士伝」「憑神」などなど今までの作品の要素をこれでもかとぶちこんだ感。

    このレビューは参考になりましたか?

大名倒産 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 大名倒産 上
    1,599円(税込)
    借金の積もり積もること二百年、御家を救う唯一の手立ては計画倒産!? 読めば福がやってくる! 笑いと涙の経済エンターテインメント。 「文藝春秋」連載中から「面白い!」の声続々! 〇江戸時代にもロスジェネってあったんだ!と思いました(30代女性) 〇鮭と米がとにかく美味しそう……。(40代男性) 〇もはや古典落語のような語り口、どこで止めていいのか分からない!(40代女性) 〇『プリズンホ...
  • 大名倒産 下
    1,599円(税込)
    借金の積もり積もること二百年、御家を救う唯一の手立ては計画倒産!? 読めば福がやってくる! 笑いと涙の経済エンターテインメント。 「文藝春秋」連載中から「面白い!」の声続々! 〇江戸時代にもロスジェネってあったんだ!と思いました(30代女性) 〇鮭と米がとにかく美味しそう……。(40代男性) 〇もはや古典落語のような語り口、どこで止めていいのか分からない!(40代女性) 〇『プリズンホ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています