勿忘草の咲く町で ~安曇野診療記~【電子特典付き】
  • 値引き

勿忘草の咲く町で ~安曇野診療記~【電子特典付き】

作者名 :
値引き価格 1,232円 (1,120円+税) 5月13日まで
通常価格 1,760円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

看護師の月岡美琴は松本市郊外にある梓川病院に勤めて3年目になる。この小規模病院は、高齢の患者が多い。 特に内科病棟は、半ば高齢者の介護施設のような状態だった。その内科へ、外科での研修期間を終えた研修医・桂正太郎がやってきた。くたびれた風貌、実家が花屋で花に詳しい──どこかつかみどころがないその研修医は、しかし患者に対して真摯に向き合い、まだ不慣れながらも懸命に診療をこなしていた。ある日、美琴は桂と共に、膵癌を患っていた長坂さんを看取る。妻子を遺して亡くなった長坂さんを思い「神様というのは、ひどいものです」と静かに気持ちを吐露する桂。一方で、誤嚥性肺炎で入院している88歳の新村さんの生きる姿に希望も見出す。患者の数だけある生と死の在り方に悩みながらも、まっすぐに歩みを進める2人。きれいごとでは済まされない、高齢者医療の現実を描き出した、感動の医療小説!

※電子書籍版特典として、著者直筆メッセージを収録しています!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2019年11月28日
紙の本の発売
2019年11月
サイズ(目安)
3MB

勿忘草の咲く町で ~安曇野診療記~【電子特典付き】 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月08日

    「神様のカルテ」でおなじみの著者による
    医療現場物語です。

    ワンパターンだ、という人もいるかもしれ
    ないですが、必ず医療が抱える新しい問題
    がテーマとされていて、作者なりの答えを
    導き出しています。

    そして物語に花を添える小道具として「花」
    が使われるのも「神様のカルテ」と同様で
    すが、当然色々...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月05日

    読み終わってすぐに、青色の勿忘草(わすれなぐさ)の花言葉の意味を調べた。やっぱりね。

    神様のカルテが大好きで、いまちょうど福士蒼汰主演でやってる実写版ドラマは、原作のイメージと違うのを見るのが嫌だから見ていない。

    ってぐらいこの作者の作品が好きで、この本はその期待を裏切らなかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月21日

    「神様のカルテ」のスペシャルドラマを見たのをきっかけに、他の作品をふと調べてみて手に取った作品。
    「神様のカルテ」とテイストはかなり似ているけど、高齢化社会における医療の課題についてより切り込んだ作品。
    重たいテーマではあるけれど、主人公の美琴の前向きでカラッとした性格と、患者さんに真摯に向き合う研...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月16日

    出だしは「神様のカルテ」の看護師バージョンかな?と思いながら読み進めていくと、看護師と1年目の研修医を通して描かれる、地方の中規模病院のお話。
    研修医が花屋の息子という設定から、様々なお花のエピソードも盛り込まれている。

    2021年1月現在、日本では新型コロナウイルスの感染が拡大し続けており、病床...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月08日

    夏川さんの書くお話はどのお話も好きです
    研修医と看護婦さんのお話
    お医者さんだからこそ響いてくる
    お話だからといっても、そこには真実が沢山散りばめられているのだと感じる
    地域医療、延命措置、高齢者医療、医師たちの長時間労働
    考えなければならない
    悩んでも答えは出ないかもしれないが、それでも考えること...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月20日

    松本の病院で働く、3年目のしっかり者の看護師と東京出身の花屋の息子の研修医が惹かれ合っていく。
    土地柄、患者は高齢者…それも90歳近いお年寄りばかり。高齢化という言葉はずっと言われ続けているけど、現実に切実なんだと実感した。
    神様のカルテのイチトも匂わせもありニヤリだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月07日

    病院で患者に対応する看護士や医者の様子が自分が思ってる以上に大変なんだなと思いました。
    看護士と研修医との恋愛関係もすごい憧れるなと思います!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月01日

    神様のカルテの著者だからと手に取った作品。恋愛が絡んでいるものの、ガッツリ恋愛ではなくて、どちらかといえば地域医療の現状や日本の介護看護の難しさについて考えさせられる作品だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月18日

    感動したけど神様のカルテの続きみたい。
    悪くは無いけ次が見たいですね。
    自分には次がどんなものかわからないけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月23日

    現代の医療の問題と、死に向き合った作品。
    私自身も高齢の祖父を先日胃がんで亡くした経験があり、とても小説の中だけの出来事とは思えなかった。
    さらにこのコロナ禍で、医療の現場は常に命の選択を迫られている。

    地方の医師不足、地域の高齢化、高度に複雑化した医療技術とどこまで用いるかを決める延命治療、人間...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています