あたいと他の愛

あたいと他の愛

作者名 :
通常価格 1,001円 (910円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

Twitter フォロワー47万超え「ゲイ風俗のもちぎさん」のルーツが明らかに!
おせっかいでも、人の悩みを聞いて一緒に考え、腐らずに立ち向かってみる。
そんな“もちぎ”ができるまでを描いた初の自伝エッセイ。

「あたい、18歳。母ちゃんの人生から卒業」
父は自殺、母は毒親。
苦しい家庭環境でも初恋の先生、腐女子の友達、ゲイの仲間、そして姉。
かけがえのない出会いと愛と優しさと勇気があたいを支えてくれた-。

あたいは、高校の卒業式を迎える少し前に、母ちゃんにゲイであることがバレたのをキッカケに、東京に出てゲイ風俗で働き、なんとか一人で生活し始めた。それから大学に行って、卒業後は色んな経験を経てからゲイバーで働いた。
この本では、主に高校卒業の18歳の頃までのあたいが、それまでどう生き抜いてきたか、それを語らせてもらおうと思うわ。

目次
はじめに
14歳のあたいと、初恋の先生の話
16歳のあたいと、腐女子の友達との高校生活
16歳のあたいと、売春のきっかけ
17歳のあたいと、ゲイの友達ができた話
あたいと母ちゃん
(マンガ)母親と叔母(マンガ)テレビCMと洗脳(マンガ)子どもと呪い
あたいと姉ちゃん
(マンガ)ゴミ袋と姉ちゃん(マンガ)高校進学と姉ちゃん(マンガ)姉ちゃんと母親
あとがき

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
192ページ
電子版発売日
2019年11月14日
紙の本の発売
2019年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
13MB
    購入済み

    一気に読んだ

    八百屋 2020年01月14日

    エッセイ漫画は読むけども、普通のエッセイは読まないながらも「ゲイ風俗のもちぎさん」を購入して考え方や話の構成、伝え方が自分好みだったので購入。
    エッセイ漫画同様、ヘビーな話もネチネチと伝えずに簡潔に書いてあるので考えさせられることはあっても、読んでいて暗くはならない。そして、何よりももちぎさんがポ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月15日

    もちぎさんのことは知らず、たまたま
    見つけた本。
    読みやすくてさっと読んだのに、
    内容に感動した。
    特に中学生のときの先生との話し。
    やっぱりいい大人との出会いは大切。

    境遇を悲しむだけじゃなく
    むしろ悲しむどころかそれ以外の面で
    色々恵まれているんだと認識できた
    もちぎさんの前向きさ、冷静さが
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月20日

    最後、めっちゃいい先生じゃん!って泣きそうなって。
    お姉ちゃん、お店の店長、友達‥
    母親以外、いい人達に巡り合えて。
    母親のこと読んでると悲しい気持ちだったけど
    なんか読んでて救われた。

    私も人間関係恵まれてるなぁって思えました。

    いろんな人がいるから、合わない人もいるよな‥

    身近な人が、そん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月19日

    買って夢中で読み進めちゃった。元気もらった。
    自分の人生は誰も変えてくれないし、もちぎさんみたいに自分で切り開いていくしかないんだなと思った。読んで良かった!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    最高

    ぽよ 2019年11月18日

    いいから、何も言わずにまず読んで。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月15日

    前作「ゲイ風俗のもちぎさん セクシュアリティは人生だ。」の、続きというか、もっと深く知れる内容。

    毒親、虐待、を扱うエッセイはたくさんあるけど、もちぎさんは「私はこんだけ辛かったんだぞ!!」というところを感じさせない。
    少なくとも、私は読んでてツライ気持ちにはならなかった。
    私がお世話になっている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月26日

    いろんな人の愛や支えや力があってこそこんなに優しいもちぎさんができたんだと思う。辛い話も面白い話もみんな大好き本当に大好き。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年12月24日

    ‪毒親から逃れ、ゲイ風俗で働いていたもちぎさんの反省を綴ったエッセイ。‬
    ‪希望しかない。本当に優しい。

    ‪『結局人間は生き方なんだと感じられるようになった。』生まれや育ちは生きる過程の一部。生き方を自分で選び抜いていけるということを信じていける本。‬

    セクシュアリティに悩む人に限らず、毒親に悩...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    泣ける

    十六夜 2019年11月15日

    境遇がすごく自分と似ていて、共感した。LGBTとか関係なく人としてどうするべきなのか考えさせられた。
    一人のLGBTとしてカミングアウトはまだしていないしアウティングはもっと怖い。いつか理解してくれると願いたいです。
    色んな人に読んで欲しいですね

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています