つみびと

つみびと

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

灼熱の夏、彼女はなぜ、
幼な子二人をマンションに置き去りにしたのか。

追い詰められた母親。死に行く子供たち。
無力な受難者の心の内は、小説でしか描けない。

痛ましいネグレクト事件の深層に、何があったのか。
本当に罪深いのは誰――

各新聞、雑誌、ウェブ媒体でも話題沸騰!
虐げられる者たちの心理に深く分け入る
迫真の衝撃作。

ジャンル
出版社
中央公論新社
ページ数
376ページ
電子版発売日
2019年10月31日
紙の本の発売
2019年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

つみびと のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月08日

    幼い子ども二人を育児放棄で死なせ、逮捕され服役中の蓮音。何故彼女が事件を起こすに至ったのか。彼女は幼い時に実母が家庭から逃げ出し、過酷な人生を歩んできた。虐待の記憶は連鎖するのか。蓮音視点と母、琴音視点でそれぞれの人生が回想される。不幸はあのクズのせい、と決めつけるのは容易い。でも容易く人のせいに出...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月20日

    大阪2児餓死事件(おおさかにじがしじけん)とは、2010年に発生した大阪市西区のマンションで2児(3歳女児と1歳9ヶ月男児)が母親の育児放棄によって餓死した事件。
    当時の記事を読み、事件にかなり忠実に書かれた作品であることがわかった。
    救いようのないストーリーだが、一気読みせずにはいられない筆致はさ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月04日

    育児放棄の末に幼い兄妹を死なせてしまった母親と祖母の話。実話を元にしたフィクションだが、読んでいて辛かった。
    ただ齢を重ねたからといって、立派な大人になれるわけではない。幼い頃から注がれた愛情の分しか、愛情を注げるようにはならないのだろうか。人は育てられたようにしか育たないのだろうか。
    気持ちに寄り...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月22日


    大阪二児置き去り事件がもとになっているというフィクション。
    〈母・琴音〉、〈娘・蓮音〉、〈小さき者たち〉のパートに分かれている。
    先に事件のことを少し調べてから読んだこともありすぐに入り込めたが、最初から最後まで、読むのがすごく辛くてしんどかった。

    虐待、家庭の不和という言葉だけでは表せられない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月05日

    辛い。なんかもう読んでるだけでめちゃめちゃ辛い。
    モデルになった事件のニュースみてるときの、
    いやこの被告(当時)がしちゃいけないことしたのは当然だけど子どもたちの父親は何してんのよ。と思ったの思い出した。
    どんどんどんどん後ろに道がなくなって、暗くて細い道を進むしかない息苦しさがあった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月07日

    自分の家で衰弱死した子供たちに何があったのか。親の性格か、家庭環境か、夫婦の問題か、社会の問題か。
    蓮音の家庭と自分の家庭と重なるところもあったりと、大変読んでて苦しいところもあった。
    しかし、人物のスイッチが激しくて、なかなかついていけない場面も多かったなぁ。
    家庭内の負の連鎖があって、当然のよう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月26日

    灼熱の室内で、置き去りにされた2人の幼児が亡くなった。…

    事件についてはまだまだ記憶も新しく、もう10年近く経っていたことに驚きました。
    2人の子どもの生前の写真が、見ていて辛かったのを思い出しました。

    母の蓮音、その母の琴音、連鎖される虐待。
    不幸な生い立ちがさせたことと言ってしまうことは出来...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月20日

    冷静に読めなくて込み上げてきて何度も中断した。
    「徹底的に甘やかされてきたので他人の甘やかし方もぜんぶわかる」と言うわたしの友人を思い出した。この話はその反対なのだと思う。
    「母」と「娘」と死んでしまった「小さき者たち」。大丈夫だよって言ってもらったことないんじゃないかな。「母」に助けを求めることが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月10日

    つらい…でも薦めたい。知って欲しい。虐待死のニュースに人は心を痛め、可哀想、加害者を許すなと怒るが。死なずに育った先で大人になった被害者を見たら何を思う?物語は母蓮音・その母琴音・小さきもの達の視点で進む。三者とも虐待被害者。死なずに大人になれたとして幸せを掴めたか。誰に心を許せる?誰が凭れさせてく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月24日

    もうめっちゃ暗いし滅入るし憂鬱になる。
    子育てしていたからこそわかる事もあれば、この環境下で育ってみないとなんとも言えない重苦しさもある。
    ただ事件のニュースを読み、その上っ面だけで犯人を極悪と言い表すのはどうだろう?と思うようになる。
    負は遺伝するのだろうか?、よくキチの入った親子に遭遇し、そのじ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています