彼方のゴールド

彼方のゴールド

作者名 :
通常価格 1,300円 (1,182円+税)
紙の本 [参考] 1,595円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

野球もサッカーもとんと知らない私がどうしてスポーツ雑誌編集部に!?
ドラマ化で人気の〈千石社〉シリーズ、次なる舞台はスポーツ誌。

子供の頃にスイミングスクールに通っていたものの、ある事情で遠ざかり、以来スポーツとは無縁で過ごしてきた目黒明日香。
出版社勤務三年目にして青天の霹靂で総合スポーツ誌「Gold」編集部に異動となる。

戸惑っていても仕事はどんどん降ってくる!  今日は野球場へ、明日はバスケットコート。
競技場ばかりでなく、選手たちの日常のトレーニングやランニング風景も追いかける。
やがて見えてくるオリンピックという、スポーツに関わるすべての人にとっての祝祭――。

人はなぜスポーツをするのか。なぜ自分だけでなく、人がスポーツに打ち込む姿に心動かされるのか。
日々の取材を通じて、自分なりの答えを探す明日香。
そして、かつて共に泳ぎ、夢を追いかけた幼馴染たちが今もオリンピックを目指しているかもしれないと知り……。

『プリティが多すぎる』でティーン向けファッション誌に配属された男性編集者の困惑と奮闘を、『スクープのたまご』で週刊誌編集部に配属された新人女性記者の東奔西走を描いた著者が、オリンピック・イヤーを前に贈る、爽やかなスポーツお仕事小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
280ページ
電子版発売日
2019年10月31日
紙の本の発売
2019年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

彼方のゴールド のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月07日

    お仕事小説。私もそんなにスポーツの知識はないので、へぇ~と知らないことが多く、興味深く読んだ。『Number』を読む視点が変わりそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月24日

    千石社のシリーズものらしいが、この本だけで楽しめます。
    東京オリンピックの開催前のスポーツ雑誌の編集は、この本のような雰囲気なのかなと想像しながら読みました。

    読むなら今が一番の旬だと思います。

    私もスポーツは主人公の明日香以下のレベルですが、登場人物であるスポーツ選手たちの熱い想いが伝わってき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月27日

    大崎梢さん、大好きだー。
    こういう物語、夢中にさせてくれる。
    スポーツが得意ではないのにスポーツ雑誌に配属された明日香。
    彼女がひたむきに仕事に、スポーツに向き合うのがいい。
    特に好きなのは、スクープ、密告の一件。
    あの章の最後、胸が熱くなった。
    明日香と2人の幼馴染み。
    好きでも1番になれるとは限...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月09日

    おなじみ「千石社」を舞台にしたお仕事小説。総合スポーツ誌『Gold』の編集部にヒロインが異動するところから物語は始まる。
    トップスポーツの世界で頂点を目指す選手やその関係者、そしてそれを伝える記者やカメラマンたちの物語を、開催が近づく東京オリンピックを背景にしながら描き出す。大崎梢さんにこんな題材を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月08日

    どんなことにも取り組む、前向き女子な主人公がかわいい。
    まっすぐな気持ちが貫かれているお仕事小説は気持ちよく読み終われる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月06日

    スポーツ雑誌記者の目を通して水泳、野球、陸上等の様々な選手たちを描いている。しかも、大崎さんらしく人に対する暖かさが全編を通して流れているから、一章毎にホロリとさせられる。「応援出来る人がいるって幸せだね」に対して、「○ちゃんや○ちゃん、そして、自分を応援するよ」お仕事小説と言われてるが、それ以上に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月07日

    タイトル通りの一冊です。

    スポーツを通して、スポーツにかける情熱、人生、そして周りで支える人たち。

    主人公の明日香はスポーツに興味がないのに、スポーツ紙に配属されます、そこで数々の現場でいろんな選手に出会い、気づきを得て成長していく様が書かれています。

    大崎さんらしく、幼い頃仲良しだったけど、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月29日

    スポーツ経験のない若き女性編集者が総合スポーツ誌に異動になる。
    野球、サッカー、バスケット選手らにインタビューを重ね、巡り会ったライターや写真家と一緒に選手の魅力を伝えていく。
    ライターや写真家の意気込みも熱く感じられる。
    スポーツの歓喜と無念、その先にあるものを求め伝えたいという思い。
    中に織り込...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月08日

    スポーツ雑誌の新米記者のお仕事小説ってことで、様々なスポーツ選手の取材前に初めて知ること・練習や試合を見ての印象・選手インタビューそれぞれ興味深い話だった。オリンピックに向けて今後も続くシリーズだったら嬉しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月21日

    馴染みのないことに関わるって腰が引けるわな。
    でも、新しいことを知るチャンスと思いたい。
    結局は、全然関わりがないことでもないってことになるのだけれど。あれもこれも突き詰めればどこかでつながっているのかもね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています