ひとり旅日和

ひとり旅日和

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

人見知りで要領の悪い日和は、なんとか就職した就職先でも叱られてばかり。自分は仕事に向いていないのではないかと悩んでいると、社長から気晴らしに旅に出ることを勧められる。最初はひとり旅など無理だと尻込みしていたが、旅好きの同僚に後押しされ、旅に出ることに。最初は日帰りができる熱海へ。神社を訪れ、出来立てのゆで卵の味に舌鼓を打ち、干物の味に感動! さらにそこには、思わぬ出会いが待っていた。ひとり旅の楽しさに気付いた日和は、さらに、佐原、仙台、金沢、博多へと遠くへ足を延ばしていくようになる。少しずつ日和の成長していく姿は、仕事にも影響し始めて、周りの目も少しずつ変わっていく――

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2019年10月31日
紙の本の発売
2019年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

ひとり旅日和 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月23日

    事務員をしている日和が、社長に勧められて一人旅へ行く話。同僚に旅好きがいて、書店でばったり会うところから相談しながら、次の旅へと行く。これを読んでいると早く自分も旅に出たい‼️と思いました(^ ^)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月01日

    『居酒屋ぼったくり』からの本作品。人見知り、引っ込み思案の主人公、日和が一人旅を通して成長していく。旅の楽しさ、グルメを堪能できる作品。気になる男性との偶然のの出会いもあり続編がありそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月26日

    自分が好きな場所にぱっと行って、好きなだけ堪能してぱっと帰る。ひとり旅の醍醐味!
    ホテルの備え付けドライヤーは客への気遣いの表れ‥なるほど、その通り!ガッカリするドライヤーってあるものね(汗)
    がんばれ!日和‼︎

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月14日

    自称人見知り大王で、大人しすぎて上司のいじめのターゲットになっている日和。
    彼女があまりにもいじいじうじうじで、どうなるかと思った。
    でも、社長や職場の先輩の後押しで一人旅に行き始めたことで、変わっていく。
    おいしそうなものがいっぱい出てきて、そそられる。
    あの先輩、本当にいい人なのかどうか心配だっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月15日

    大好評だった「居酒屋ぼったくり」の秋川滝美さん「ひとり旅日和」、2019.10発行、新しいシリーズの予感がします。家族をして人見知り女王と言わせる梶倉日和24歳、小宮山商店(株)に入社3年目の物語。ひとり旅、その土地の見所、名物、食事のお話です。今回は熱海、佐原、仙台、金沢、福岡が舞台です。私は島根...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月02日

    ストレス発散にひとり旅を勧められた日和。
    日帰りから始め、5県を巡る旅小説。

    各話タイトルに食べ物のおいしそうなイラストがあるんだけど、話は食べ物メインではない感じ。(あくまでも個人的に)読み終わった後で旅行の行程や訪問先と合わせて、食べ物の印象も残っているような。
    24歳だけどやや親に甘やかされ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月27日

    旅に出たくなる本。
    遂にKADOKAWAデビューかと嬉しくなった。
    蘊蓄が多くて少し面倒くさい。
    これは母親が娘に色々教えている感じか。
    日和と蓮斗が再会できるかも気になるし、続編が出ることに期待。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月26日

    ドラマ版の『孤独のグルメ』や『ワカコ酒』(どちらもドラマは観了したが原作は未読)を彷彿させる連作短編集。主人公である梶倉日和が一人旅を通して成長していく作品だが、あまりそこに重点は置かれておらず、旅先での観光や飲食、果てはお土産選びをリアルに描く。旅の舞台は熱海・佐原・仙台・金沢・福岡。腹が減った…...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月09日

    「一人旅指南コミックエッセイをノベライズ!」
    とか言われたら信じそうな、良くも悪くも超軽量級。
    基本前向きだし、たまにはこういうのもね。
    旅先での動きやお店との出会いはご本人の体験談?
    初読みの作家さんでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月19日

    人見知りで要領も悪く、上司にたびたび叱られている日和。いつも暖かい目で見てくれる社長より一人旅を勧められる。旅好きの先輩の助言もあり、ついに一人旅を実行する。日帰りで、熱海、佐原へ、慣れてくると泊まりで仙台、金沢、博多へと旅立つ日和。旅行先ではおいしいものに舌鼓、神社仏閣では心穏やかにする。旅を進め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています