2050年のメディア

2050年のメディア

作者名 :
通常価格 1,900円 (1,728円+税)
紙の本 [参考] 1,980円 (税込)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

読売、日経、ヤフー、波乱のメディア三国志!
紙かデジタルか? 技術革新かスクープか?

「読売はこのままでは持たんぞ」
2018年正月の読売賀詞交換会。いつも「経営は磐石」と太鼓判を押す渡邉恒雄がその年は違った。「紙の王国」に大きな危機が訪れていた。
分水嶺は2005年に訪れていた。
1995年には存在すらしていなかったヤフー・ジャパン。
そのヤフーは、読売からのニュース提供をうけて、月間224 億PVという巨大プラッットフォームに成長。
危機感を抱いた読売新聞の社長室次長山口寿一(後のグループ本社社長)は、ヤフーに対抗して新聞社が独自のプラットフォームを持つことを思いつく。
日経、朝日に声をかけ、ヤフー包囲網がしかれたかに見えたが・・・。
同じ時期、日本経済新聞社長の杉田亮毅は、無料サイトにみきりをつけ、電子有料版の準備をひそかに進めていた 。

序章 読売はこのままでは持たんぞ
第一章 最初の異変
第二章 中心のないネットワーク
第三章 青年は荒野をめざす
第四章 読売を落とせ
第五章 ライントピックス訴訟一審
第六章 戦う法務部
第七章 日経は出さない
第八章 真珠のネックレスのような
第九章 朝日、日経、読売が連合する
第一〇章 「あらたにす」敗れたり
第一一章 アンワイアード
第一二章 イノベーションのジレンマを破る
第一三章 日経電子版創刊
第一四章 内山斉退場
第一五章 「清武の乱」異聞
第一六章 論難する相手を間違っている
第一七章 ニューヨーク・タイムズの衝撃
第一八章 両腕の経営は可能か?
第一九章 スマホファースト
第二〇章 ヤフー脱藩
第二一章 ノアドット誕生
第二二章 疲弊する新聞
第二三章 未来を子どもにかける
第二四章 未来をデジタルにかける
第二五章 未来をデータにかける
終章 2050年のメディア

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 選書・双書
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
440ページ
電子版発売日
2019年10月25日
紙の本の発売
2019年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

2050年のメディア のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年01月31日

    タイトルと内容がそぐわないように思うが、
    ヤフー、読売、日経、共同のデジタルをめぐる攻防を知るという意味では、
    秀逸であり、読み応えがあることは間違いない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月08日

    没落する新聞と興隆するネットメディアの相克を描いたノンフィクション。
    一読して、まずそのスタイルに感心しました。
    書名を見て、「メディアの歴史と未来展望の本」だと思ったのですね。
    その手の本は過去に何冊も読んでいます。
    そして、その手の本は、論文スタイルである場合が多い。
    手堅くまとめてあるため知識...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月10日

    杉山隆男の「メディアの興亡」が書かれたのが1986年、それから33年、新聞の部数の凋落はものすごいスピードで進行しています。その激変の歴史を俯瞰ではなく、細かなエピソードを当事者のインタビューを積み重なることで描いている「続・メディアの興亡」として夢中になって読みました。「2050 年のメディア」と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月14日

    内容は未来の予測ではなく、これまでの20年の緻密なインタビューによるルポ。特にYOL事件、Nordot誕生の複雑な経緯のあたりは、メディアの人間としてリアルタイムに見てきた側だったが、ここまて深い背景を初めて知った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月15日

    メディアの歴史は、インターネットの歴史だと思った一冊だった。メディアは抽象的に見ると、媒体に情報が掲載されて消費される。その媒体のあり方が激変させたのがインターネット。

    PCの時代にはヤフーという巨大なメディア企業が生まれ、スマホの時代にはLINE、Facebook、Twitterと国内では同規模...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月24日

    文藝春秋の元編集者、下山進が、日経新聞、読売新聞、ヤフージャパンの最近20年間の経営について取材して記した本。例えば米国のウォール・ストリート・ジャーナルの有料電子版の取り組みから日経がどう学びどう変わっていったかや、読売が見出しを無断で表示した神戸のベンチャー企業を訴えて負けたライントピックス訴訟...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月09日

    未来を考えるために、過去を知る。紙の衰退とWebの勃興期を、丁寧に書いてくれている。業界にいるなら、一度は読んでみるべき一冊。非常に勉強になった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月08日

    読売、朝日、日経、Yahooのこれまでと現状を丹念に取材したノンフィクション。紙媒体の未来は。メディア業界全体のこれからは。それは分からないが示唆に富んでいた。各社の群像劇としても読めた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月02日

    メディア関連の直近15年くらいの動きを丹念な取材で描いています。
    ただし、2050年のメディアの話はあまり出てこない印象。

    地方の新聞社や毎日産経は経営が苦しそうで、2050年というのは読売、日経、ヤフーは残ってるんじゃないか?という意味でのタイトルなのかもしれません。
    ただ、その中で一番安泰そう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月19日

    料金が現状程度で宅配が無くならない限り、紙の新聞の購読は続けるつもりだが、2050年には宅配はできなくなっていて、紙が欲しいときはオンデマンドで都度発注することになっているのではないだろうか。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています