背中の蜘蛛

背中の蜘蛛

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ついに、ここまできた――。前人未到、孤高の警察小説が誕生した。東京・池袋の路上で男の死体が発見された。目撃者もなく捜査は難航、しかし「あること」がきっかけになり捜査が急転。それから約半年後。東京・新木場で爆殺事件が発生。こちらもな捜査はなかなか進展しなかったが、「あること」が転換点となり容疑者が浮かぶ……。捜査に携わる管理官を中心に、新時代の警察捜査を濃密に描く。著者史上、もっとも尖った警察小説。

ジャンル
出版社
双葉社
電子版発売日
2019年10月18日
紙の本の発売
2019年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2019年10月30日

    現実もこんな感じになっているのかな。
    スノーデン関連の本でインターネットの情報をすべて収集している、っていうこと書いてあったな。
    犯罪だけに使用するならいいと思うけど、一見犯罪に繋がらなさそうなことが実は、ってことがあるだろうから境界線を明確に決めることは出来ないだろうな。だからといって疑わしい人は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月26日

    監視社会、街中にいつの間にか多数のカメラがあって、盗聴のニュースも、よく報道される!でも、犯罪が起きると、防犯カメラの必要性を感じるし、もっと着けた方が良いのでは?とも思う事が…本当に怖い

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月19日

    誉田哲也の刑事モノということで、まぁ期待値通りではあるのだけど、ラストの虚無感もいつも通りということで…

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています