本当の貧困の話をしよう 未来を変える方程式

本当の貧困の話をしよう 未来を変える方程式

作者名 :
通常価格 1,400円 (1,273円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

君たちが幸せをつかむために今知るべきこと
最底辺のリアルから始まる「新しい世界」のかたち

・日本は国民の7人に1人が貧困層
・なぜ川崎の少年たちは中学生を殺したのか?
・世界各地の子供兵のあまりに悲惨な現実
・クリスティアーノ・ロナウド、孫正義、安室奈美恵……
「貧困の壁」を突破した先人たちの勇気

格差の固定化、少年犯罪、メガスラム、ストリートチルドレン、人身売買、売春、薬物依存、世界各地の少年兵……
すべての「繋がり」と貧困問題の「構造」を解き明かし、解決へ向けた未来へのヒントを示す著者集大成となる一冊。
人生への向き合い方が「180度変わる」感動の講座!

どうやれば、貧困から脱出できるのか。
どうやれば、人生を輝かすことができるのか。
どうやれば、社会や世界をより良いものに変えることができるのか。
僕が示すのは、人生や社会に革命をもたらすための方程式だ。
きちんと身につければ、君が置かれている環境や君がいる社会を変えることができる。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
256ページ
電子版発売日
2019年09月27日
紙の本の発売
2019年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

本当の貧困の話をしよう 未来を変える方程式 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月14日

    貧困は確かに苦労は多いし大変だが、悪の絶対条件ではない。
    家族や出会う大人、そして友達…
    自分を大切に思ってくれる人をたくさん持つことが大事。出会いは、運命だな…。
    読んでてあまりに辛い人生に、社会の在り方を考えさせられました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月02日

    わかりやすい、読みやすい。

    海外の絶対的貧困から日本の相対的貧困まで、全ての貧困について考えさせられる一冊だった。

    お金がなく貧困から抜け出せない、
    お金があっても貧困に陥り犯罪などに手を染めていく。
    お金があっても幸せになれないが、お金は持っているに越したことはない。

    どの時代も貧困に悩まさ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月21日

    世界の貧困、日本の貧困。
    貧困によってもたらされる現実。
    生まれた場所、環境が違うだけでスタートラインが違うこと。
    知ってたようで何も知らなかったこと。
    貧しい人は犯罪に走るとほんまに思ってしまってたこと。
    いっぱいのコトを学んだ。あとは、自分がどうするか。何か出来るはず。何かしたい。
    ちゃんとゆっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月25日

    めっっちゃ良かった。17歳向けに書いているとのことだけど、自分が17歳のときに学校で勉強したかった内容。これを知っていて社会に出るのと、知らないで社会に出るのでは何もかもが全然違うよ。
    世界の貧困、日本の貧困、貧困と少年犯罪、貧困と戦争などなど貧困を幅広い角度からみていく一冊。(仕事柄貧困と障害とい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月08日

    いじめ、虐待、教育機会の喪失、犯罪など貧困と社会問題の連鎖が怖い程分かる本。

    特に気になった部分

    p184「反社会の子供」から「非社会の子供」へ

    『暴力など社会に対して反抗的な反社会の子供が多かった時代(1980年代)から

    現代は「社会に非ざる子供」が増えている。

    ・学校の人間関係に入って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月09日

    本書は若者向けに書かれた内容であるが、若者に限定する必要のない内容となっている。「貧困」と一言で片づけるのではなく、「日本の貧困」と「途上国の貧困」は全く異なるものであり、同列に扱うべきではないという指摘は的を得ている。「貧困」にも色々な種類があり、それぞれの要因を探らなければ有益な対策を打つことは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月16日

    17歳を読者として書かれた貧困と、それが生む問題について書かれた本。貧困は薬物依存、虐待、犯罪、売春、教育機会の喪失など色々な問題を引き起こし、それを放置することで、社会問題を引き起こしたりする。絶対的貧困外来ある国では、その問題が周辺諸国にも影響を及ぼす。当事者意識外来持てるように子供の問題を中心...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月04日

    日本での貧困と途上国の貧困はどう違うか、あるいは同じなのかという問いに答えられずにいた。
    大抵の情報は別々に書いてあるし、自分の中できちんと結びついていなかった。それがこの本で、はっきり理解できた。

    この本にも書いてあるが、年寄りの「自分たちの若い頃(終戦直後)はもっと貧しかった。それでも必死で頑...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月27日

    高校生向けに書かれた、様々な国の貧困層の様子や貧困に陥ってしまう仕組みなどの話。日本でもひとたび貧困状態に陥ると容易には抜けられなくなってしまい、貧困ビジネスの餌食になってしまうというくだりは、若い人たち、特に女性にはよく知っておいてもらいたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月28日

    国内から国外まで貧困についての様々な内容が書かれている、今年は結構貧困についての本を読んだけど、この本は非常に網羅的で良かった。
    また、日本では貧困層の子供と、そうでない子供が同じ学校に通っていることにより、貧困層の子供は自己否定感が重なり、自分に自信がなくなり幸福度が下がる。
    しかし、絶対的に貧困...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています