コウサツ 刑事課・桔梗里見の囮捜査

コウサツ 刑事課・桔梗里見の囮捜査

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本中を震撼させる「東京絞殺魔」は誰だ!?
映画化『クリーピー』、連続ドラマ化『イアリー』の著者による、一気読み警察小説!

武蔵野署の新人刑事・桔梗里見が初めて臨場した殺人事件現場は、女子大生が絞殺された上、臍をえぐり取られるという凄惨なものだった。
桔梗は、プロファイリングの専門家で「歩く殺人百科」の異名を持つ変人刑事・平瀬健と組んで調べを進めるが、絞殺事件は続き、捜査は難航。2人は犯罪学の教授・大村邦房に助言を求めた。
すると、実在した連続殺人鬼「ボストン絞殺魔」のオマージュ殺人の可能性が高いという。
「東京絞殺魔」は誰なのか? マスコミが騒ぐ中、容疑者を絞り込んだ桔梗は、自らの意志で危険な囮捜査を決行するが――。

異常者だらけの現実に、孤高の女刑事が立ち向かう。圧巻のサスペンス!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2019年08月29日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

コウサツ 刑事課・桔梗里見の囮捜査 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年10月20日

    新人女性刑事の桔梗が連続猟奇殺人事件に挑む。気味悪さは控えめだが、変な容疑者、併せて変な同僚が次々登場、不可解でなんか消化不良…。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています