震える天秤

震える天秤

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

北陸のコンビニで高齢ドライバーによる死亡事故が発生した。86歳男性の運転するトラックが店舗に突っ込み、店員を轢き殺したのだ。アクセルとブレーキを踏み違えたという加害者は認知症の疑いがあり、警察は責任能力を調査している。事故に違和感を覚えたライターの俊藤律(しゅんどう・りつ)は加害者の村を訪ねるが、村人の過剰な緊張に迎えられて――「この村はおかしい。必死で何かを隠している」。取材に乗り出した律は、目撃者の少女をきっかけに、続々と予想外の事実を知ることに……。横溝賞出身作家が放つ最先端の社会派サスペンス!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2019年08月30日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

震える天秤 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月20日

    高齢ドライバーによる死亡事故、それは本当に〈老いの宿命〉だったのか?

    北陸のコンビニで高齢ドライバーによる死亡事故が発生した。
    86歳男性の運転するトラックが店舗に突っ込み、店員を轢き殺したのだ。
    アクセルとブレーキを踏み違えたという加害者は認知症の疑いがあり、警察は責任能力を調査している。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月11日

    10月-8。3.5点。
    田舎町で、高齢者の運転する軽トラがコンビニに突っ込み、店長が死亡。
    高齢者ドライバーの危険性をテーマに、取材をはじめる主人公。事件の真相は妙な方向へ。

    丁寧な描写。少しずつ解かれる謎。
    少し哀しい結末。動機がイマイチ弱い気がした。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年02月28日

    評価は4.

    内容(BOOKデーターベース)
    北陸のコンビニで高齢ドライバーによる死亡事故が発生した。86歳男性の運転するトラックが店舗に突っ込み、店員を轢き殺したのだ。アクセルとブレーキを踏み違えたという加害者は認知症を疑われている。事故に違和感を覚えたライターの俊藤律は、加害者の村を訪ねるが、村...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています