極東の嵐 日中激突!(下)
  • 最新刊

極東の嵐 日中激突!(下)

作者名 :
通常価格 330円 (300円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

2005年の中国海軍特務偵察小組によるアメリカ籍のオイルリグ占拠は、日本に大衝撃を与えたが、防衛庁はただちに調査を開始していた。中国は、一部のならず者による暴動で、政府は関知しないと公式には言明していたが、IT革命以後、陸自内に設置されていたハッカー部隊の追求により、その嘘は明らかだった。このままでは中国の脅威が台湾だけでなく沖縄に及ぶ危険性を感じて、日本政府もようやく自衛隊に防衛出動を命じた。いち早く対応したのは海上自衛隊だった。海自は戦力の集中に心がけ、第一護衛群(旗艦は航空護衛艦あまぎ)を尖閣列島海域に派遣した。イージス艦、AWACSなど電子戦に不可欠な部隊はいうに及ばず、最新鋭の兵器を投入、中国の攻撃を待ち構えた。戦闘はアメリカの原潜が中国潜水艦を撃沈したことから開始された。だが、自衛隊の電子戦闘能力は、アメリカや中国の想像をはるかに越えていた。極東に吹き荒れた嵐の行方は…。日本の自衛隊の真実に迫る。軍事アナリスト高貫布士が描破する近未来超シミュレーション小説。

ジャンル
出版社
コスミック出版
掲載誌・レーベル
コスモノベルズ
ページ数
229ページ
電子版発売日
2019年08月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

極東の嵐 日中激突!(下) のユーザーレビュー

レビューがありません。

極東の嵐 日中激突! のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 極東の嵐 日中激突!(上)
    2005年、アメリカの代表的石油会社GP社は日本の最新技術を使い、尖閣列島付近で海底油田の採掘に乗り出した。そこはかねてより日本、中国、台湾、統一韓国が領有を主張している外交的には不可触領域だった。中国の林虎主席は軍部をバックに政権を奪取したが、内陸部の石油開発に失敗して経済は停滞し、国内の失政を外敵に振り向けようと画策した。中国陸軍の特殊部隊は、オイルリグに潜入し瞬くうちに施設...
  • 極東の嵐 日中激突!(下)
    2005年の中国海軍特務偵察小組によるアメリカ籍のオイルリグ占拠は、日本に大衝撃を与えたが、防衛庁はただちに調査を開始していた。中国は、一部のならず者による暴動で、政府は関知しないと公式には言明していたが、IT革命以後、陸自内に設置されていたハッカー部隊の追求により、その嘘は明らかだった。このままでは中国の脅威が台湾だけでなく沖縄に及ぶ危険性を感じて、日本政府もようやく自衛隊に防...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています