なめらかな世界と、その敵

なめらかな世界と、その敵

作者名 :
通常価格 1,870円 (1,700円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

複数の並行世界を行き来するのが当たり前になった世界で、事故によりその能力を失ってしまった女子高生の孤独を描く表題作のほか、ゼロ年代・セカイ系・伊藤計劃以後・百合などの潮流を傑作SFに落とし込む短篇集。2010年代で最もSFを愛する作家がついに登場

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
早川書房
ページ数
304ページ
電子版発売日
2019年08月20日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

なめらかな世界と、その敵 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年01月15日

    個人的には「美亜羽に贈る拳銃」が特に印象的でした。
    そして「ひかりより速く、ゆるやかに」!映像映えすること間違いなしなので、アニメ映画化しないだろうか。
    表題作は今敏さんが生きていたら映像化して欲しかったなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月23日

    全体的に最高。どの作品も同じ作者が書いたようには見えないほとバラエティに富んでいて、想像力豊か。
    美亜羽に贈る拳銃は、ハーモニーとの地続きの世界観と想像していた反面、少し残念。でも独立した作品としても面白い作品だった。
    いちばんのお気に入りは、表題作。読み始めは???だったが、設定がわかるとなるほど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月27日

    百合SFアンソロジーに寄稿されていた作品がどストライクだったので、こちらの短編集も期待して読みましたが、もうどの話も全部めちゃくちゃ面白かったので、「オタクは全員読んだほうがいいぞ!!!」「SFはぶっちゃけようわからんけど伴名練は大好きだ!!!!!!!!」と獣になって世界の中心で叫びたくなります。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月15日

    一つ一つの世界観と結末が素晴らしい。短篇集と一口に言っても、SF史考察、書簡ものといったものまで含まれていて、著者の想像力とそれを表現する手腕に驚かされる。「なめらかな世界と、その敵」で著者の世界観に引き込まれ、「美亜羽へ贈る拳銃」で圧倒され、「ひかりより速く、ゆるやかに」で爽やかに締めくくられる。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月02日

    実は人間なんて気分の変化で次々過去の自己を殺している。
    私とはあなたの中の私、である。

    美亜羽へ送る拳銃



    ホーリーアイアンメイデン



    シンギュラリティソビエト



    光より速く、ゆるやかに

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月21日

    久しぶりに、日本のSFで面白い、と思えるものに当たった。この作者の小説は初めて読んだけど、どの短編も考えられていて、それぞれの面白さがあった。勢いのある話が多く、今の時代をうまく反映出来ていてツボにはまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月10日

    6編からなるSF短編集。初めて伴名練氏の作品を読みましたが、文体は大正ロマンあり、ラノベぽくもあり、ネオゴシックらしさありと多彩。驚きのラストや、爽やかなラスト、恐ろしげなラストなど、バリエーション豊かで飽きさせない。読んでいてアドレナリンやら何やら、いろいろ分泌されてる気がする。読み進めていくうち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月23日

    素晴らしかった。2個目の話が分かりにくかったが、その他は想像力が掻き立てられ本当によかった。人格が変わった女の子を好きになるみたいな話?があったけど切なさがひしひし伝わった。なんとも言えない気持ち。最後の新幹線もよかったですね。次元を飛び交うthe sf感があり、おすすめの話。最初のかけっこの話もよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月15日

    これは凄い!
    普通、短編集だと「これ良かったなー」って作品が一つは簡単に思いつくんだけど、これは難しい。
    選べない!
    こんな面白いバリエーション見せられると、一つ選ぶなんて時間の無駄に思えてくる。
    もう全作オススメです

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月25日

    傑作。ゼロ年代以降のSFの潮流をすべて取り込みつつ、百合やソ連などの独自性が際立つオリジナリティの高さ。今後の日本SFを背負って立つ作家になることは間違いない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める SF・ファンタジー

SF・ファンタジー ランキング

なめらかな世界と、その敵 に関連する特集・キャンペーン