昭和天皇の声

昭和天皇の声

作者名 :
通常価格 1,426円 (1,297円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

令和時代に敢えて描く昭和天皇とその時代!
この国にとって天皇とはいかなる存在なのか?

二・ニ六事件の青年将校たちは、天皇のために行動しているとの信念のもと、鈴木貫太郎らを襲撃した。
ある憲兵は蹶起軍こそが反逆者だと憤った。
昭和天皇がどのような思いを持っているのかを、国民それぞれが夢想し、それを大義名分としてぶつかり合ったのが昭和という激動の時代だった。

「感激居士」:皇道派青年将校たちに成り代わり、永田鉄山軍務局長を暗殺した相沢三郎という男。
「総理の弔い」二・ニ六事件で官邸の一室に身を隠した岡田啓介総理を救出した憲兵たちの意地。
「澄み切った瞳」:鈴木貫太郎を襲撃した安藤輝三大尉を鈴木の妻・たかの目から描く。
「転向者の昭和二十年」:武装共産党の指導者から転向し右翼となった田中清玄と昭和天皇との一瞬の邂逅。
「地下鉄の切符」:激動の時代にあって憲法の順守に努めた昭和天皇が自ら政治的決断を下した三度の機会。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
256ページ
電子版発売日
2019年08月08日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

昭和天皇の声 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月30日

    相沢事件、二二六事件など、戦前に軍によって起こされた事件と、当時の昭和天皇の行為について書かれた小説。調査研究が精緻で、実際もこうであっただろうと説得力ある内容になっている。興味深い記述が多く、とても参考になった。
    「(226事件直後の麹町警察署へかかってきた電話)電話の相手は、「鈴木侍従長は生きて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月08日

    226事件から終戦直後に至る昭和史の中で天皇が果たした役割を周辺の群像との関わりから浮き上がらせる。

    黎明期の日本共産党書記長が天皇主義者となるくだりは非常に興味深い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月30日

    あまり期待してなかったんだけど、知らないエピソードが沢山散りばめられていて、一気に読んでしまった。全編良かったが、特に二・二六事件の岡田首相脱出のエピソードが面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月30日

    異なる出来事を書いた五つの短編で昭和天皇という存在を描き出す。その内直接的に昭和天皇を書くのは五番目の作品のみ。それ以外の四つは昭和天皇に関わる事件に関わった人たちを通して昭和天皇のあり方が見えてくる。
    相沢事件
    226事件〜岡田総理
    226事件〜鈴木貫太郎
    田中清玄
    昭和天皇
    落ち着いた文章が装丁...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています