Cocoon4 宿縁の大樹
  • NEW
  • 最新刊

Cocoon4 宿縁の大樹

作者名 :
通常価格 1,265円 (1,150円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

昼は花魁、夜は鬼斬り。新鋭が送る和風ファンタジー第4弾! 
五人衆のため。吉原のため。江戸のため。今度は、わっちが「鬼」になろう。

朝廷についた「鳩飼い」。
幕府を守る「黒雲」。
差別制度の撤廃か。差別を前提にした生活の安定か。瑠璃たちは朝廷と幕府の代理戦争に巻き込まれようとしていた。義兄・惣之丞との戦いが避けられぬものになった中、「黒雲」の柱だった権三が姿をくらました。

ジャンル
出版社
講談社
ページ数
304ページ
電子版発売日
2020年05月26日
紙の本の発売
2020年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

Cocoon4 宿縁の大樹 のユーザーレビュー

レビューがありません。

Cocoon のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • Cocoon 修羅の目覚め
    戦う花魁。シリーズ、開幕! 第13回小説現代長編新人賞奨励賞受賞。天明期の江戸・吉原。大見世である「黒羽屋」の最高級遊女・花魁として名を馳せる主人公の瑠璃は、江戸に跋扈する鬼を滅する闇組織・黒雲の頭領という裏の顔を持っていた。彼女は妖刀・飛雷を操り、恨みを強く抱いて死んだ者がなる「鬼」を退治するのを任務としていたのだ。遊女の身でありながら自由な立場と権力を有するその強い力に惹...
  • Cocoon2 蠱惑の焔
    「Cocoon」シリーズ2作目!最高級遊女・花魁でありながら、夜になれば鬼退治に奔走する瑠璃。人ならざる彼女の孤独を唯一理解してくれていた朋輩・津笠が鬼になり、瑠璃に斬られてから1年が経った。時間は流れたが、瑠璃の心の傷は癒えない。そんな中、五人衆の一人・錠吉が不自然に瑠璃を避け始め……。
  • Cocoon3 幽世の祈り
    昼は花魁、夜は鬼斬り。新鋭が送る和風ファンタジー第3弾! 瑠璃を吉原に売った義理の兄は、「黒雲」と敵対する組織・鳩飼いの一員だった。黒雲はなんのために存在しているのか。鬼退治の依頼人は誰なのか。義兄の目的はなんなのか。問いかける瑠璃に対し、かたくなに口を閉ざすお喜久。そんな中、瑠璃は「大切なものが、地獄に墜ちる」と予言される。
  • Cocoon4 宿縁の大樹
    続巻入荷
    昼は花魁、夜は鬼斬り。新鋭が送る和風ファンタジー第4弾!  五人衆のため。吉原のため。江戸のため。今度は、わっちが「鬼」になろう。 朝廷についた「鳩飼い」。 幕府を守る「黒雲」。 差別制度の撤廃か。差別を前提にした生活の安定か。瑠璃たちは朝廷と幕府の代理戦争に巻き込まれようとしていた。義兄・惣之丞との戦いが避けられぬものになった中、「黒雲」の柱だった権三が姿をくらました。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています