人妻艶戯(13)

人妻艶戯(13)

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

平凡な主婦である白井由美。ほんのパートのつもりで働き始めたゴルフ会員権の販売会社。過激なサービスでセールスさせられちゃうとは思ってもみませんでした……。

でも、毎日違う男性と楽しめるし、けっこう私には合ってるかもしれない!
もちろん主人には絶対内緒♬ これでも家では貞淑な新妻で通してるんですもの♡

「したたる肉汁接待」をはじめ、人妻モノの鬼才・角雨和八が描く傑作を厳選してセレクト。

Vol.13には「お義母さんのマゾ縄化粧」「メス犬美人姉妹」「近親強姦 〜僕とママの秘密〜」「背徳ウラ不倫」「 (本)ナマ治療」「凌辱のテニス教室」「媚調教いけにえ夫人」のほか、<角雨和八耽美劇画コレクション>の2本のさまざまな人妻が悦虐痴獄に突き落とされる傑作アーカイブを収録。

ジャンル
出版社
はちみつ書房
ページ数
194ページ
電子版発売日
2020年01月17日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
128MB

新刊オート購入

人妻艶戯(13) のユーザーレビュー

レビューがありません。

角雨和八傑作アーカイブ のシリーズ作品 1~16巻配信中

※予約作品はカートに入りません

11~16件目 / 16件
  • 人妻艶戯(11)
    770円(税込)
    不況続きで夫の残業がなくなってしまうというそうなる家のローンが払えない——。 「どんなバイトでもいいから見つけて働いてくれないか?」と夫から頼まれて、しぶしぶ求人情報誌を眺める若妻。 時給2000円に惹かれ、さっそく面接へ行くと……。 その仕事とは、会社の会員に下着姿を見せるだけといういかがわしい仕事だった。 当然、断るつもりだったが「奥さんなら時給3000円だしてもいい」のオーナーの策略...
  • 人妻艶戯(12)
    770円(税込)
    愛する夫と順風満帆な結婚生活を送る若妻ユキ。 唯一の心配が、夫の特殊な性癖――。 「ボクはユキの美しさをいつまでも保存しておきたいんだよ」といやらしい写真を撮ること。 誰もいない公園でノーパンの私を撮影し、セルフタイマーをつかってフェラシーンまで……。 新婚だというのに、あんな写真ばかり。もっと普通の写真もちゃんと撮ってほしいわ。 そんなユキの目の前に現れたのはストッキングをかぶった...
  • 人妻艶戯(13)
    770円(税込)
    平凡な主婦である白井由美。ほんのパートのつもりで働き始めたゴルフ会員権の販売会社。過激なサービスでセールスさせられちゃうとは思ってもみませんでした……。 でも、毎日違う男性と楽しめるし、けっこう私には合ってるかもしれない! もちろん主人には絶対内緒♬ これでも家では貞淑な新妻で通してるんですもの♡ 「したたる肉汁接待」をはじめ、人妻モノの鬼才・角雨和八が描く傑作を厳選してセレクト...
  • 人妻艶戯(14)
    770円(税込)
    今日は年始のごあいさつに夫の上司である部長のお宅へ。愛する夫のためにはこういったことをしっかりしておかないと♪ 部長に初めてお目にかかったときにはびっくり! まさかバイト先のファッションヘルスのお客さんだったなんて……。 愛する夫にバイトのことがバレたら大変だわ。気をつけなくちゃ。 部長に「ファッションヘルスのこと…主人には言わないで!」とお願いしたら…… 「それは奥さんの心がけし...
  • 人妻艶戯(15)
    770円(税込)
    この春から夫の両親と同居することになったのですが、マザコンの夫は「ママ、ママ」と義母さまにベッタリ……。 しかも、夜の方は「お前のデカイ声がママに聞こえたらどうするんだ!?」と、ずっとこんな調子……。ひとり寂しく自分を慰める毎日。 義母さまと夫が一緒に出掛けたある日、義父さまに即効性の睡眠薬を盛られるなんて――。 「義父の孤独な姦情」をはじめ、人妻モノの鬼才・角雨和八が描く傑作を厳選...
  • 人妻艶戯(16)
    続巻入荷
    770円(税込)
    「みなさんのガンバリで我が社は着実に右肩上がりの成長をとげています! これからも一丸となってこの不況を乗り越えていきましょう!」 ウチの社長ってやさしそうでいいよなァ! もし社長が俺の奥さんだったら、ムフフッ……。 とか思っていたら——。 社長に直々に呼ばれて特命を頼まれた♡ その特命とは“社長を満足させるために奉仕すること”あの社長が“女王”さまだったなんて!!! 「女社長のご命隷」...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています