いけない

いけない

作者名 :
通常価格 1,324円 (1,204円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

騙されては、いけない。けれど絶対、あなたも騙される。
ラスト1ページが暴き出すもうひとつの“真相”を、あなたは見抜けるか?

第1章「弓投げの崖を見てはいけない」
自殺の名所付近のトンネルで起きた交通事故が、殺人の連鎖を招く。

第2章「その話を聞かせてはいけない」
友達のいない少年が目撃した殺人現場は本物か? 偽物か?

第3章「絵の謎に気づいてはいけない」
宗教団体の幹部女性が死体で発見された。先輩刑事は後輩を導き捜査を進めるが。

どの章にも、最後の1ページを捲ると物語ががらりと変貌するトリックが……!
ラストページの後に再読すると物語に隠された“本当の真相”が浮かび上がる超絶技巧の3篇。

「ここ分かった!?」と読み終えたら感想戦したくなること必至の、体験型ミステリー小説!

【本書の使用法】
・まずは各章の物語に集中します。
・章末の写真をご覧ください。
・隠された真相に気づきましたか?
・「そういうことだったのか!!」
だまされる快感をお楽しみください。
*再読ではさらなる驚きを味わえます。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
256ページ
電子版発売日
2019年07月10日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

いけない のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年06月11日

    ハラハラドキドキが止まらなかった。
    色んな方が考察されていて、読後にそれを読むのもこの本の楽しみ方のひとつ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月19日

    一章と二章を読んでから時間があいてしまったので、振り返りながらになってしまった。
    三章は薄々勘づいていた結末になったが、後味が悪くて面白かった。
    四章の穏やかだけど、黒いような雰囲気が良く、最後の絵を見てなんとも言えない気持ちになった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月23日

    構成の作り込みが凄い。伏線の編み込み方がエグい。
    オムニバス形式で一見関連ない話かと思いきや、四篇が見事にリンクしている。
    登場人物がそんなに多くないから、全員をしっかり踏まえて読むべし。
    たまに第一人称が誰なのか分からなくなるのがたまにキズ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月21日


    一発で謎を解くぞ!と意気込んで、注意深く伏線的な表現を探しながら読んでいたのにもかかわらず、ん?どういうこと?ってなって結局何回も読み返しました。笑

    たしかにこれは読んだ人と話したくなる〜
    面白くて最後はタイトルに少しぞっとする話でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月14日

    あぁ、そういうことだったのか!
    何度も読み返して、前話との繋がりを楽しめるから、もう少し味わっておこう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月09日

    ずっと気になっていた道尾さん作品。
    帯にある本書のご使用方法が、気になって仕方ないものの我慢して読み進めた。
    伏線を回収しながら、スッキリしたラストを期待していたが・・・。
    あー、そういうことか位のテンションに落ち着いてしまった。
    少し期待しすぎたかも。それぞれの罪が暴かれないことに少しモヤモヤ。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月20日

    ミステリー。7年前の交通事故に端を発して、様々な事件が起こる。
    各章の最後の写真を見て真実が明らかになる。
    それぞれの章の出来事が絶妙なバランスで絡み合っていて、とても面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月20日

    じっくり読んだ。2回は読んで伏線を回収したい本でした。結局、峯田は何者だったんだとかなぜマー家のお店は流行らなくなったり流行ったりしたのかとか細かいところが気になります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月16日

    ミステリーなのに、怖くない!でも、謎が結構残るから、そこは想像するしかないと思う。あまりハッピーエンドとかではないなぁ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月26日

    超久しぶりの道尾秀介作品。ずっと発売されてから気になっていた小説。ミステリー好きでも、好き嫌い別れるかもしれない。私は、面白く読めた。章事にラストの写真が意味を成してくるが、各章にも繋がりがあるので、トラップがいくつもかけられている作品。ラストの写真で真相が、わかったが、読み返したりもしたり、別の章...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています