掃除婦のための手引き書 ルシア・ベルリン作品集

掃除婦のための手引き書 ルシア・ベルリン作品集

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
紙の本 [参考] 2,420円 (税込)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「アメリカ文学界最後の秘密」と呼ばれたルシア・ベルリンの小説集を日本でついに刊行!2013年にノーベル文学賞を受賞したアリス・マンローや、短篇の名手レイモンド・カーヴァー、日本で近年人気が高まっているリディア・デイヴィスなどの名だたる作家たちに影響を与えながら、寡作ゆえに一部のディープな文学ファンにのみその名を知られてきた作家、ルシア・ベルリン。2004年の逝去から10年を経て、2015年、短篇集A Manual for Cleaning Womenが出版されると同書はたちまちベストセラーとなり、The New York Times Book Reviewはじめ、その年の多くのメディアのベスト本リストに選ばれました。本書は、同書から岸本佐知子がよりすぐった24篇を収録。この一冊を読めば、世界が「再発見」した、この注目の作家の世界がわかります!このむきだしの言葉、魂から直接つかみとってきたような言葉を、とにかく読んで、揺さぶられてください――岸本佐知子「訳者あとがき」より 彼女の小説を読んでいると、自分がそれまで何をしていたかも、どこにいるかも、自分が誰かさえ忘れてしまう。――リディア・デイヴィスによる原書序文「物語こそがすべて」(本書収録)より 毎日バスに揺られて他人の家に通いながら、ひたすら死ぬことを思う掃除婦(「掃除婦のための手引き書」)。夜明けにふるえる足で酒を買いに行くアルコール依存症のシングルマザー(「どうにもならない」)。刑務所で囚人たちに創作を教える女性教師(「さあ土曜日だ」)。……自身の人生に根ざして紡ぎ出された奇跡の文学。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外文学
出版社
講談社
ページ数
320ページ
電子版発売日
2019年07月09日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

掃除婦のための手引き書 ルシア・ベルリン作品集 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月11日

    洋画というものを初めて見たのは10歳頃だったか。
    ストーリーとは全く無関係の人間が唐突に現れることにかなり衝撃を覚えた。
    主役のふたりが話している間を通り抜けたり、話しかけてきたりする。
    エキストラのはずが、一体これは何なのだ?
    背景も小道具も衣装も全てが計算し尽された邦画とは、なんという違いだろう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月20日

    残酷でどうしようもない日常をここまで詩的に切り取られると思ってなかった。
    歌うような文章なのに綺麗なだけではなくて、とても心にささる

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月27日

    読んで良かった。五感が総動員される。
    こんなに気にいるのなら、ゆっくりまとめて読む時間があればよかったのにと思う。無いものねだりをしてもしようがないのではあるが。
    原著も読むことにする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月25日

    寝る前に少しずつ読んだ。孤独に寄りそってくれる作品だと思った。善悪を超えた人生の深み、みたいなものが宿っていると思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月22日

    “他人の苦しみがよくわかるなどと言う人間はみんな阿呆だからだ。”(p.13)


    “月が恋しい。独りの時間が恋しい。”(p.183)


    “わたしに向かって発せられたのに聞きそこねた、どんな言葉があっただろう? 気づかずに過ぎてしまった、どんな愛があっただろう?
    無意味な問いだ。わたしがここまで長...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月03日

    題材とするストーリーはアル中や、虐待や、死であったりするのにどこか軽快でユーモラスで不思議と引き込まれる。
    現実よりリアリティがあるように感じる。
    ストーリーの終わりはスンとやってきて、「そんなこと言ったって無理なもんは無理」って感じでリアルを見せてくる。
    暗い題材なのに不思議と軽快に読めて、読後...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月10日

    作者自身の経験をもとにした短編小説集。これが時系列と、時に語り手さえも変えながら読む24編。
    何となく事実っぽいなと思わせるのはそこにあるような。週末毎に親戚の家で昔話を聞かせてもらうような雰囲気がある。そう、優しさに溢れてます。どの話もすごくいい。短編で読みやすいしね。

    時系列と登場人物が必ずし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月05日

    一遍読むたびに襲ってくる驚き、感情を揺さぶられるとはこういうことなのかと。私にとっての「読書」は、『掃除婦のための手引書』以前と以後に分けられた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月25日

    いやー、近年読んだ中では最高の米国短編小説集。訳者さん&出版社さんありがとう。

    昔読んだ、アンダーソンのワインズバーグオハイオとか、ヘミングウェイの短編にも通ずる、ドライな雰囲気。このハードボイルドな感じ。

    一人称視点なんだけど、自分を突き放して眺める視点がどこかに感じられる...ちょうど、鏡を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月21日

    すごく乾いている。土地も人間も。

    しかし、一人一人の存在感はずっしりとある。欲望のない人がいない。

    そして、読者への媚びが一切ない。屹立しているというか淡々としているというか。

    独立した短編集と思いきや、つながりがある作品もある。
    すると、「沈黙」のジョン叔父さんから何かが変わり始めた。乾きの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

掃除婦のための手引き書 ルシア・ベルリン作品集 に関連する特集・キャンペーン