脳はみんな病んでいる

脳はみんな病んでいる

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

二児のパパになった脳研究者と、難病で死にかけた作家が再会。「病んでいるから愛おしい」因果な脳の不思議な魅力に迫る。なぜ認知症の老人は夫や妻の顔を忘れるのか? 最新科学は遺伝病を根絶できるのか? 天才の37%は発達障害、女性に多い「隠れ自閉スペクトラム症」など、「正常と異常」「健康と病気」の境界を問い直す、哲学する脳科学!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 医学
出版社
新潮社
電子版発売日
2019年07月05日
紙の本の発売
2019年01月
サイズ(目安)
2MB

脳はみんな病んでいる のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年05月17日

    ただただ二人のやり取りがおもしろい。
    個人的にも色々な発見があった。

    社会的に生きにくさを感じている方には必見。
    自閉スペクトラム症についての理解もかなり深まった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月27日

    スティッフパーソン症候群という自己免疫系疾患である難病に罹患してしまった中村先生は,それまでの人生ではあまり考えてこなかった病気に対する深い洞察を日々の生活の中で行っていらっしゃるようでした。また,中村先生のお母様がアルツハイマーであるという理由からも,記憶に関わる病気に関する多くの示唆が,本書の中...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月19日

    「自閉スペクトラム症」という病気というか、個性というか、そういうものがある、それに悩んでいる人が多くいる、ということを認識。何故脳が「時間」を感じられるのか、そもそも「時間とは」?興味深い。忘れるのは夫の顔から、そうかぁ。「オキシトシンは近い者をより近くし、遠い者をより遠くする」とのこと。巣作りと外...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月19日

    いくつかテーマを設けての対談。後半に向けて面白いテーマになって行ったので、序盤で挫折しなくて良かった!自分の人を見る目の、判断方法にかなり修正が入りました。ある意味偏見増長本でもあるかも…!
    読後面白かった反面、オカルト好きな私には、マジックのタネ明かしを散々されてしまった感じで、つまんない気持ちに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月05日

    「正常とは何か?」という、ともすればタブーで偏見とも言われてしまう事柄に臆することなく踏み込んでいる。
    人は誰でも数十種類の何らかの異常を抱えているらしい。
    異常とは大多数の特徴を標準と定義した時に、それとは違うこと。
    ならば、同じ「異常」を持った人達が集まれば正常になる?

    他人とはちょっと違うい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月09日

    自閉症スペクトラムって、
    発達障害だけど自尊心が傷つかない感じ。
    ひと昔前の「私って変わってるし」と
    同じ感覚で周りに吹聴する人が増えそう。
    語弊あるかもだけど、いわゆるめんどくさい人って、
    自閉症スペクトラムかも。自分もそうかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月29日

    脳科学者の池谷先生と作家の中村うさぎさんの対談形式で脳にまつわる興味深い話題を取り上げる。最後の「脳はみんな病んでいる」の章で、二人が精神科医師からカウンセルを受けて、「自閉スペクトラム症」の診断を受けた。自閉スペクトラム症は男性に多いという。程度によっては病気というより個性であろう。ちょっと頑固な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月16日

    書店でチラ読み購入。
    脳の研究者の池谷裕二氏と作家の中村うさぎ氏による「脳」について様々なテーマで交わされた対談。
    本書を読むまで、中村うさぎ氏については「過激なことをやる変な人」というイメージだったが、とても知的な人だと思った。
    AI、認知症、依存症、恋愛など幅広い話題で、納得したり驚いたりしなが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月27日

    脳とはなんだろう?知能とはなんだろう?人間とはなんだろう?
    研究者である池谷裕二氏と、作家の中村うさぎ氏の対談。

    88頁「教え方によっては、人口知能も人間に殺意を持つことがあると私は思います」
    「結局のところ、人類の敵は、人工知能ではなく、人工知能を悪用する可能性のある人間」(池谷)
    AIが言葉を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月13日

    何が異常で何が正常か?
    脳の不思議…?
    おかしいと思えばおかしいし変と思えば変
    決めつけず、やんわり受け入れて仕舞えばそれもあり?
    ↑こんなことも脳は受け入れてくれるのかも?

    漠然とキャパの広い人(脳?)でありたいなぁ〜と思った次第

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング