三体

三体

作者名 :
通常価格 2,090円 (1,900円+税)
獲得ポイント

10pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

尊敬する物理学者の父・哲泰を文化大革命で亡くし、人類に絶望した中国人エリート女性科学者・葉文潔。彼女が宇宙に向けて秘密裏に発信した電波は惑星〈三体〉の異星人に届き、驚くべき結果をもたらす。現代中国最大のヒット小説にして《三体》三部作の第一作

ジャンル
出版社
早川書房
ページ数
448ページ
電子版発売日
2019年07月04日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2019年11月13日

    文化大革命で父を虐殺され、世界を憎む様になった天体学者葉文潔が極秘研究に関わる事になる過程。現代のナノマテリアル研究者汪淼の前に突然謎のカウントダウンが発現し、基礎科学者の連続自殺の謎を含め原因を調べていく過程。そしてVRゲーム「三体」の謎。それぞれが繋がった先には…。それぞれかなり濃い内容で中国史...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月12日

    職場の同僚に勧められて初めて読んだ中国のSF。
    スケールがでかい、文学的な要素もあり、またSFならではの科学を小道具とする様々なストーリー構築力。
    いろいろ科学的にそれは可能かと首を傾げたくなるところも多々あるが、読者を引き込む力は強力。
    地球幼年期の終わりと比較されることがおおいようだが、そこまで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    audibleから

    mayusan 2019年11月07日

    先にaudibleで聴いているうちに、音声では掴めない呼称が知りたくなって電子書籍版を購入しました。書籍版だと中国名が正確に読めずストレスになります。それを差し引いてもハマる!2作目3作目が早く読みたくなりました。三部作で出ている英語訳のペーパーバックにまで手を出してしまったくらいです。早く次が読み...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月07日

    天体力学の三体問題をベースに、三体の軌道が確定・予測できない不安定さが、物語の動機として語られている。3つの太陽を持つ惑星がテーマとなり、過去から未来へと、物語の中の現実と、ゲームとして構築された世界を、交互に進行させながら、どこにたどり着くのか予測ができない。最新物理の知見が取り入れられ、驚きの理...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月28日

    【宇宙の最後の秘密がすべて明かされたとき、人類はそれでも生存しつづけられるだろうか。自信満々にイエスを言える人間は、実際には浅はかだ。なぜなら、その秘密がなんなのか、まだだれも知らないのだから】(文中より引用)

    文化大革命の中で父を失った科学者の葉文潔は、極秘裏に進められたあるプロジェクトに関わる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月12日

    英訳されるや世界で数々の賞をかっさらい、日本国内でも出版直後から各所で高評価を得ているのを見聞きしているが、その大きな期待を裏切ることはない作品だった。
    帯の惹句には褒め言葉の1つとしての「トンデモ本」なんて言葉も見えるが、まさに一歩間違えばただの"キワモノ"で終わったかもしれな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月06日

    とてつもないスケール。先入観で「中国人が書いたSF」と思って読むとき気持ちよく裏切られる。
    残念ながら本書は3分作の1作目。後を引くので2020年刊行予定の次作が出てから読んだ方がいいかも。
    かなり宇宙やら科学というか物理の法則やら、素粒子の話やら、理系で勉強した人には楽しめるものだと思うが、どうで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月01日

    中国のSF小説「三体」シリーズの第1巻です。
    様々なSF要素を盛り込みかつ綺麗に纏まっている、最高傑作と言えます。
    物語の中に大量の伏線が敷かれ、読者を飽きさせません。
    ネタバレをしたくないので多くは書けませんが、特に印象に残ったものが「射撃手と農場主」です。
    射撃手が標的の紙の上を均等に打ち抜いた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月30日

    ふらりと行った本屋で見かけて、面白いというネットの声を思い出して、購入。

    これは面白かった。

    中国の人名がちょっとうまく覚えられずに、最初は何度か登場人物紹介に戻ったり、
    翻訳の内容なのかもしれないけれど、セリフ回しや会話のやりとりがちょっと混乱したけれども、

    設定、世界観、ストーリーすべてに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月26日

    まず、お前三部作の第一作なのかよ!どこか書いとけよ!というのがひとつと、元の中国語版は2008には単行本化されてて、タイ語とかベトナム語訳もとっくに発売されてるとのことで、こんな面白い本ならもう少し早く邦訳してよ!というのがふたつめ。

    はよ続編でないかな。

    以下感想など。

    作者は、折りたたみ北...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています