裁きの曠野

裁きの曠野

作者名 :
通常価格 817円 (743円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

MWA賞作家が描く、現代の傑作ウェスタン!失踪した女牧場主の莫大な遺産をめぐって憎悪を募らせる息子たち。否応なく巻き込まれた猟区管理官ジョーにさらに邪悪な復讐者の攻撃が迫り、愛する娘も危険にさらされていく。ジョーは大切な家族を守りきれるのか? ワイオミングの大自然を舞台に不器用だが熱い男の孤独な闘いを描く好評シリーズ第5弾。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
448ページ
電子版発売日
2019年06月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

裁きの曠野 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年10月23日

    相変わらず面白い。
    だけど今回はそんなに解決したような感じがない。
    復讐者との闘いが、主人公の立場の問題もあってかやや弱い。
    新展開へのつなぎのような感じがある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月28日

     さて本書の題材は、シリーズ作品にはよくあるパターンかもしれないが、いわゆる過去からの復讐鬼である。第一作『沈黙の森』で引き取ったエイプリルは、第3作『凍れる森』で悲劇を迎えるがその実際の父と称するジョン・ウェイン・キーリーが、われらが猟区管理官ジョー・ピケットへの復讐の旅に出立する。

     一方で女...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月16日

    猟区管理官ジョー・ピケットシリーズ第5弾。三世代にわたり地元牧場主である一族の相続争いに、周りの人々が巻き込まれる。女牧場主の失踪、主人公が捜査したかつての事件の身内による復讐、上司や保安官との確執など今回もめまぐるしい展開となる。無理やり男兄弟の相続争いと復讐劇をくっつけた感じがしてしらけてしまっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年12月08日

    シリーズものを読む面白さが詰まった一冊。
    過去の事件が、まるでよみがえってきたかのようにジョーと家族を襲ってくるサスペンスと、前作で関係がこじれてしまった小狡い上司が昇進したためにジョーが被る面倒。前作から続いている、親友ネイトと妻メアリーベスへの疑い。町一番の古株かつ凶暴な変人だらけの一家に起こっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています