凍れる森

凍れる森

作者名 :
通常価格 859円 (781円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

新人賞独占!『沈黙の森』の猟区管理官シリーズ愛する山を血で汚す殺人鬼に心優しき男ジョーが挑む!心を揺さぶる現代のウエスタン!評論家・池上冬樹氏絶賛広大なワイオミング州の自然と家族を愛する猟区管理官ジョー・ピケットはエルクの大量殺戮現場に遭遇。違法ハンターを追い詰めるも、死体で発見する。森林局のキャリアウーマンと好戦的なFBI捜査官は、森でキャンプを張る反政府グループに目を付けるが。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
544ページ
電子版発売日
2019年06月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

凍れる森 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年09月08日

    ジョー・ピケット・シリーズ2作目。
    重要な作品ですよ。
    原作の2作目は日本人に馴染みがない題材ということで飛ばして3作目が翻訳されたため、翻訳では2作目ということですが。
    そのせいもあって、幼い娘たち、育ってます。

    猟区管理官としてサンドストリング地区に3年半。
    ジョー・ピケットは、好きな仕事と家...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月10日

    ジョー・ピケットシリーズ12作目の「鷹の王」の評判がいい。第1作の「沈黙の森」は面白かったのだけれど、ご無沙汰していたので、第2作を読んだ。

    ワイオミング州の猟区管理官ジョー・ピケットは、地元の保安官や保安官補に反発しながら、良妻賢母の妻メアリーベス、娘シェリダンとルーシー、捨てられた子エイプリル...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月05日

    人にもよるだろうが、前作よりひかれた。ネイト、エイプリルの登場人物が利いていた。タフガイでもないジョーが失敗しながらも必死に事件を解決していく姿に本を置けない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月10日

    猟区管理官 ジョー・ピケット シリーズ
    順不同で読み進めているので、既読の作品で取り上げられてきた重要なエピソードが語られている本巻は必読。

    でも、順に読まなければいけないというわけではなくて、ひとつひとつの作品がとても面白く、かつ時系列的にも整合性が取れて繋がっていくので、どこから読んでも面白い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月17日

    猟区管理官ジョー・ピケットシリーズ
    邦訳第二弾(三作目)
    主人公の
    「タフガイでは無いのに正義のカウボーイ」
    な感じはそのままに、今回の敵は
    行動からしてなかなかヤバい奴感があって
    良かった。
    何よりジョーとは対をなすダークヒーロー
    ネイトの登場も面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月08日

    猟区管理官ジョー・ピケットシリーズ第2作目。エルク(鹿)の大量殺戮現場とその犯人の役人の死体に遭遇するところから話がはじまり、反政府活動集団や森林局役人、FBIやらが乗り込んできて大騒動となる。指揮をとる森林局女性役人のやりたい放題ぶりもすさまじいし、鷹匠のキャラも際立っていて500頁余りの作品の長...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月26日

    猟区管理官ジョー・ピケットシリーズ第2弾です。

    今回は冬まっただ中のまさに凍れる森が舞台です。

    例によって頼りないジョーは妻と3人の娘、そしてそりの合わない義母となんとか貧乏ながら平和な生活を送っています。

    そして、またもや初っぱなから逮捕した不法狩猟者(またもや厳密には違う)を逃がしてしまい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月23日

    前作ほどのインパクトは感じなかったが、シリーズの二作目といういわばジャンプ台というか…飛び上がるための、という布石が色々と。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年03月04日

    ジョー・ピケット猟区管理官シリーズ第二弾。

    冒頭からすごい。
    弱腰と思われいている政府の役人が、
    エルクを多数殺した現場に居合わせたジョー。
    大量殺りくに怒りを感じながら、
    エルクの肉が持ち帰れず無駄になってしまうことを残念がる。
    日本人で言えば、釣った魚を無駄にしてしまう感覚か。

    その役人が矢...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年11月10日

    シリーズ邦訳3冊目。
    猟区管理官のジョーが、町の財産であるエルクを規定以上に狩猟した国有林管理官を捕まえたことを切っ掛けのようにして悲劇が町へ雪崩れ込む。
    「沈黙の森」から比べると、だいぶ仕事が板についてきて、敵も理解者も出てきました。
    今回は殺人事件と「沈黙…」で養女にした娘の親権問題の二本立て。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています