ウナノハテノガタ <電子書籍版 特典付き>

ウナノハテノガタ <電子書籍版 特典付き>

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「いいか、島でのこと、だれにも話してはいけない」

代々、父は嘘つき、子は怖がり。
死体を運び続ける親子が背負った使命は、罪か? 救いか?

〝死〟を知らない海の民・少年オトガイ。
ある日、父から怖ろしい役目を引き継いだ。
生贄の運命を逃れた少女、火葬をする山の民の出現……
のどかな日々を、望まぬ争いと喪失が激変させる。
遠く懐かしい原始の声が届く、どこにもなかった物語。

電子書籍版特典として、朝井リョウ、伊坂幸太郎をはじめとする「螺旋プロジェクト」全8作家が早稲田大学にて行った座談会がついています!出典:「『螺旋』の先にある新しい小説の景色」(2016年7月発行「小説BOC2」に収録)

ジャンル
出版社
中央公論新社
ページ数
256ページ
電子版発売日
2019年07月10日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

ウナノハテノガタ <電子書籍版 特典付き> のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月02日

    「死」を知らず平和に暮らす海の民と、別の地に暮らしていた山の民とが、大地震をきっかけに出会い争いを繰り広げるようになる。
    螺旋プロジェクトの第一弾、原始。

    タイトルの「ウナノハテノガタ」は、ニライカナイのようなまだ見ぬ最後の楽園を指す。このような造語とおぼしき見慣れないカタカナ言葉が、何の説明もな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月25日

    螺旋プロジェクトの一冊と知らないで読んだら、きっと第1章で挫折してしまうかもしれません。知っていても最初に読むのはきっとつらいです。
    もう何が書いてあるのかわからないことだらけです。
    伊坂さんの作品を読んだ後なので、つながりが見えてきました。

    意味のよくわからない単語も、この本のタイトルからして意...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月01日

    ウナノハテノガタ単行本です。
    色んな作家さんがそれぞれの時代をを担当して書いているけれどもこの本はそう言う意味では石器時代。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月21日

    「ウナノハテノガタ」
    大森兄弟。


    「ウナノハテノガタ」は原始時代をテーマにしている。しかし、時代小説のように時代背景を丁寧に描写している訳ではない。原始時代に空想がある。楽園ウナノハテノガタを信仰する海の民「イソベリ」は、死を知らないのだ。


    そこに、死の実在を知る唯一の人物が現れる。精霊を司...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月18日

    螺旋シリーズ.
    紀元前三千年,シリーズとしては一番初め.海と山の対立というより,普通に部族間に起こる争い.

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年08月04日

    1.原始
    海の民は死の概念がない。動かなくなれば、選ばれた人が島へつれてけば、サカナになる。選ばれた人は、そんなことないと知りつつ、だんまり。
    山の民は、凶作などあると、女性の生贄を捧げる。妊婦が何故か選ばれ、海へ逃れる。
    会えば争いが起こる海と山の民。仲良くすればいいのに。会わないしか方法はないの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています