むかしむかしあるところに、死体がありました。

むかしむかしあるところに、死体がありました。

作者名 :
通常価格 1,144円 (1,040円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

昔ばなし、な・の・に、新しい!鬼退治。桃太郎って……え、そうなの?大きくなあれ。一寸法師が……ヤバすぎる!ここ掘れワンワン。埋まっているのは……ええ!?
「浦島太郎」や「鶴の恩返し」といった皆さんご存じの《日本昔ばなし》を、密室やアリバイ、ダイイングメッセージといったミステリのテーマで読み解く全く新しいミステリ!「一寸法師の不在証明」「花咲か死者伝言」「つるの倒叙がえし」「密室龍宮城」「絶海の鬼ヶ島」の全5編収録。

ジャンル
出版社
双葉社
電子版発売日
2019年06月28日
紙の本の発売
2019年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2019年07月03日

    これは着眼点に拍手。昔話×ミステリの答えが理想的。

    最初の「一寸法師の不在証明」のアリバイトリックに心を掴まれる。あの打ち出の小槌が…。そして「花咲か死者伝言」にはダイイングメッセージ?「つるの倒叙返し」は見事な展開が。これが一番好みだった。そして「密室竜宮城」はその名の通り密室トリックもの。最後...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月25日

    童話をベースにしたミステリー。

    子供の頃に読んだ童話の主人公たちは、皆ヒーローだった。
    だが、この作品の童話の主人公たちは....。
    表の顔と裏の顔。
    腹に一物抱えた主人公たちの暗躍が面白い!!
    初めて読む作家さんですが、クセになりそうな面白さでした。
    『一寸法師の不在証明』が特に好み♥
    他の童話...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月18日

    誰もが知っている昔話の世界で起こる殺人事件の謎を解き明かすミステリ短編集。コミカルでブラック、そしてしっかりとミステリ。あんなものやこんなものをトリックに使っちゃう楽しさも魅力です。
    お気に入りは「つるの倒叙がえし」。なんか変だなあ、と思う部分は多々あれど。気づけなくって完敗。倒叙ものって犯人が分か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月08日

    荒唐無稽である(^ ^;
    何せ舞台は「昔話」の世界(^ ^;

    桃太郎やら浦島太郎やらの、誰もが知ってるお話の
    ストーリーをなぞりつつも、視点を変え、
    書かれていない部分を妄想で補い、
    こねくり回して二回半ひねりしたような奇著(^ ^;

    昔話にむりやり殺人事件を「ねじ込み」、
    まさかのあの人が容疑...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月06日

    わりとハッピーエンドな昔話。でもこれを読んだら…絵本の昔話にはもう戻れない。
    まさに大人の昔話って感じです!
    「つるの倒叙がえし」は2度読み必須‼️
    ラストの「絶海の鬼ヶ島」は結末がけっこうびっくりした。お猿さんの解説なきゃ理解できんかった…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月23日

    途中、あんまり昔話関係ないじゃんと思ったりする箇所もあったが、すべての話が最後にちゃんとつながっていてスッキリした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月11日

    昔、聞いた昔話がおかしな話に。
    知ってるお話だからか、サクサク読める。
    けどね、昔話はいいお話でおわりたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月25日

    それこそむかしむかし、太宰の『お伽草紙』を読んでやたらと感動した。口承説話のたぐいも、このように美しい文体で著されると立派な芸術だなどとむやみに絶賛しつつ、今ではほとんど忘却の彼方である。『桃太郎』もラインナップに加えてほしかったなあと思ってはいた。ここでは取りを務める。一寸法師も、花さか爺さんも、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月01日

    昔話をもとにした短編集。題名の通りどの話でも殺人事件が起こります。一寸法師の話は特に推理小説風で面白かった。だけど、どの話もなんだかもの悲しいのはなんでだろう。思いが報われなかったり、本当に良い人が幸せにならなかったりするからだろうか?やはり、おとぎ話は「めでたしめでたし」で終わってほしい…と言いつ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月22日

    ええ!? 昔ばなし×ミステリ?

    むかし話のあらすじをきちんと残しつつ、ミステリにも手抜かず凄いと思う。
    面白かった。

    「一寸法師の不在証明」
    これはトリックが凄い。こんなこと思いつくなんて笑える。

    「花咲か死者伝言」
    ダイイングメッセージって好き。死ぬ前に遺した想い。
    その意味、それは誰に?っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています