むかしむかしあるところに、死体がありました。

むかしむかしあるところに、死体がありました。

作者名 :
通常価格 1,144円 (1,040円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

昔ばなし、な・の・に、新しい!鬼退治。桃太郎って……え、そうなの?大きくなあれ。一寸法師が……ヤバすぎる!ここ掘れワンワン。埋まっているのは……ええ!?
「浦島太郎」や「鶴の恩返し」といった皆さんご存じの《日本昔ばなし》を、密室やアリバイ、ダイイングメッセージといったミステリのテーマで読み解く全く新しいミステリ!「一寸法師の不在証明」「花咲か死者伝言」「つるの倒叙がえし」「密室龍宮城」「絶海の鬼ヶ島」の全5編収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
双葉社
電子版発売日
2019年06月28日
紙の本の発売
2019年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

書店員のおすすめ

誰もが一度は聞いたことのある一寸法師や桃太郎などの物語のテーマがミステリーに変わったら…
そんな斬新な切り口で読む日本の昔話です。

『むかしむかしあるところに、死体がありました。』作品名からして非常にパンチの効いている本作品。
内容も裏切りませんでした。

アリバイトリックや密室トリックなど使用されるミステリー要素も物語ごとに異なっていて、そう来るのか…!と思わず感嘆したり、よくよく考えてみるとゾクッと背筋が寒くなったり、慣れ親しんだストーリーも視点と切り口、解釈を変えるとこんなにも違うのか!と、一気にその世界観に引き込まれてしまいました。

ミステリーが好きな方だけではなく、サスペンスやホラーが好きな方にもおすすめです。

むかしむかしあるところに、死体がありました。 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月29日

    小さい頃に親しんだ昔話だからこそ楽しめる、
    昔話の令和アレンジ。

    個人的には密室竜宮城がドロドロしていて好き。
    昔話では描かれなかった人間関係の難しさをとことん晒し上げたユニークかつブラックな作品だった。

    こういうの沢山読んでみたいな

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月28日

    ずっと読みたかった本。
    普通の昔話とは一風変わったミステリー小説。
    読み終わった時には謎解きできてスッキリしました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月24日

    皆がよく知っている有名な昔話がまさかのハッピーエンドでなかった。どれも知っている物語だからこそとても衝撃的で1つの話が短編なのでとても読みやすかったです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    紹介されて

    テテ 2020年05月15日

    読んでみました!
    まさかな展開とか読みごたえありました☆
    昔話の内容知ってから読むのをオススメします!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月12日

    おとぎ話を舞台に起こる殺人事件。
    短編5作。

    ・一寸法師の不在証明
    ・花咲か死者伝言
    ・つるの倒叙がえし
    ・密室竜宮城
    ・絶海の鬼ヶ島

    正当なストーリーの裏側で起こる殺人事件。

    一寸法師が策略を企て、竜宮城では色恋沙汰、鬼ヶ島の鬼は本当は良い鬼だった!など。

    少しずつおとぎ話同士がつながりを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月06日

    一寸法師
    花咲じいさん
    鶴の恩返し
    浦島太郎
    桃太郎
    誰もが知ってる昔話で殺人事件が起きた!
    その発想がおもしろい!

    五つの短編集なんだけど、どの短編も特定の登場人物が語るように書いてあって、それも昔話っぽい。
    語る人物の話し方によって、読みやすさがちがうの。
    一寸法師は地位の高いお方が語ってるか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月22日

    小説苦手な人でも面白く読める本。

    私は、この本を友人から勧められた。私の中で、小説より漫画のほうがよく読むため小説系の本を読むのは時間がかかるのが嫌で苦手だった。
    この本は、多くのひとが知っている昔話をベースに繰り広げられるサスペンスものだった。実際、エピソードでは基本誰かが殺されている。この殺人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月17日

    初めての作家さん。
    日本の昔話をミステリで味付けした短編5編。
    ミステリファンには怒られるかもしれないが、昔話だから許されるゆるいトリックが面白かった。
    密室竜宮城、絶海の鬼ヶ島は本格ミステリっぽく見取り図までついています。鬼ヶ島は、鬼の名前がこんがらがった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月09日

    タイトルから読み取れるように、タイトルが面白いだけなのかなと思ったけれど、実際に読んでみると話の内容がしっかりとしていてとても面白かった。幼稚園生に読み聞かせるような本ではないけれど、昔話の中ではこれが一番面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月05日

    昔話をなぞりながら死体の謎に迫る推理小説という奇抜な発想。懐かしみつつ、謎解きモードに入るのは辛い。本屋大賞候補はご祝儀?

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

むかしむかしあるところに、死体がありました。 に関連する特集・キャンペーン