カリスマvs.溝鼠 悪の頂上対決

カリスマvs.溝鼠 悪の頂上対決

作者名 :
通常価格 1,881円 (1,710円+税)
紙の本 [参考] 2,090円 (税込)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

かつて、カリスマと呼ばれたカルト宗教の教祖がいた。そして、溝鼠の異名を持つ復讐代行屋も。
二人は住む世界は違ったが、ともにドス黒い欲望にとらわれた悪の化身だった。
あれから二十年。二人を継ぐ者が現れた。一人は男、もう一人は女。
教祖の超悪オトコを極悪オンナの復讐代行屋が追い詰める。闘いの中で次々と増殖してゆく悪意と悪行。
ノワール小説の代表者・新堂冬樹が描く「カリスマ」「溝鼠」の続編となるノンストップ暗黒エンターテイメント。

ジャンル
出版社
徳間書店
ページ数
400ページ
電子版発売日
2019年06月20日
紙の本の発売
2019年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

カリスマvs.溝鼠 悪の頂上対決 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年08月02日

    かつて、カリスマと呼ばれたカルト宗教の教祖がいた。
    そして、溝鼠の異名を持つ復讐代行屋も。
    二人は住む世界は違ったが、
    ともにドス黒い欲望にとらわれた悪の化身だった。

    あれから二十年。二人を継ぐ者が現れた。
    一人は男、もう一人は女。
    教祖の超悪オトコを極悪オンナの復讐代行屋が
    追い詰める。
    闘いの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月28日

    出た!溝鼠シリーズの最新作!

    なんと著作「カリスマ」の俗に塗れた教祖、神郷宝仙が作った神の郷の残党vs溝鼠シリーズ最凶最悪、復讐代行業「幸福企画」を立ち上げた鷹場英一の愛弟子!黒新堂ファンには垂涎物の内容であること間違いなし!

    と思い、黒新堂ならではのエログロ描写の極致を堪能しようと期待に胸躍ら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています