三階書記室の暗号 北朝鮮外交秘録

三階書記室の暗号 北朝鮮外交秘録

作者名 :
通常価格 2,037円 (1,852円+税)
紙の本 [参考] 2,420円 (税込)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

韓国では発売後、3週間で10万部を超える異例のベストセラーに。
「これは禁書になるかもしれない」と今も話題騒然の、元北朝鮮外交官による暴露本。

金日成に憧れ、金正日に信頼され、そして金正恩を捨てた――。
30年間にわたり平壌心臓部を生き抜いた男が、金政権中枢の真実を次々と明かす!

・金日成が指示した「ローマ教皇招聘計画」
・ミサイル輸出をめぐるイスラエルとの極秘交渉
・密輸で外貨を稼ぐ外交官たち
・日朝平壌宣言の敗北と偽遺骨問題
・金正男の偽造パスポート事件
・大韓航空機爆破事件の金賢姫は同窓生だった
・金正恩が恐怖政治に頼る本当の理由
・張成沢処刑の引き金を引いた人物
・金正哲と過ごした61時間の全貌

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 選書・双書
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
496ページ
電子版発売日
2019年06月13日
紙の本の発売
2019年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

三階書記室の暗号 北朝鮮外交秘録 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年08月21日

    【北朝鮮はできることもないかわりに、できないこともない社会だった。すべてが金正日の気持ち次第だった】(文中より引用)

    在英国北朝鮮大使館の公使を務めていた2016年に脱北を決意し、現在は韓国を拠点として活動する太永浩。閉ざされた国の外交活動に長く携わった太氏が、自身の半生と北朝鮮外交について詳述し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月02日

    脱北した北の高位外交官。
    実際どんな形で脱北したのかとか、全く書かれてないし、脱北を決めた心情とか唐突過ぎて、どこまで本当か、何を端折ってるのか判らないが、北の考え方とか体制とか、面白い。

    変な言い方だが、マジなんだな。

    それにしても、外交っていうのは命懸けというのがよく判って、今の日本はここま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月08日

    脱北した元北朝鮮外交官による、金日成の時代からの自伝である。
    金正哲のイギリス極秘訪問や、自らの結婚に至る経緯等は非常に具体的で、北朝鮮の実情がよく分かる。
    北朝鮮の崩壊については、その強力な密告や粛清のシステムにより簡単では無さそうだ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています