サバティカル

サバティカル

作者名 :
通常価格 1,210円 (1,100円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

転職先への入社まで5カ月――。
ぽっかり空いた“人生における休暇”のあいだ、
僕は、新しい何かをはじめられるだろうか。

エンジニアとして無我夢中に働きつづけ、33歳で転職を決めた。
次の会社に入社する4月まで、「大人の夏休み」=「サバティカル」
と決めた主人公の梶くんは、
自分に何ができるかを試すようにさまざまな「宿題」を課していく。

プロジェクト管理ツール「トレロ」を使いながら「宿題」を片付けていく
梶くんだったが、新たな課題として引き受けたのは、
元彼女との思い出の場所で知り合った将棋の師匠が生き別れたという娘の消息だった。
「人探し」という意外な展開に戸惑いつつも、最後の「宿題」は
意外なほどに順調に進むのだが……。

『リレキショ』『夏休み』から『100回泣くこと』まで、
青春小説の王道を紡いできた著者が初めて描く、
本当に手に入れたいものをさがす大人たちの夏休み。
転職が当たり前の世代に送る新しい時代の青春&恋愛小説。

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
ページ数
200ページ
電子版発売日
2019年05月31日
紙の本の発売
2019年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

サバティカル のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年04月29日

    長い休みって、魅力的なんだよね。
    でも、休みじゃない日が充実してないと、休みの輝きが半減するのかな

    平成と令和を繋ぐ連休中に読んだから、報道番組のインタビューにこたえる人々のコメントが気になるんです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月21日

    言葉、文章にリズムがあるというのは、読み易さに繋がっているけど、それだけじゃない何かが中村航さんにはある気がする。

    サバティカル。
    夏休み的な時間の過ごし方。そういうフェーズか~。
    「春には夜桜、秋には星、秋には月、冬には雪、それだけで酒は旨いがな」
    こんな師匠はいいなー。

    アクセシャル。
    無性...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月24日

    梶くんが、思いの深いところを吐露するところが印象的。自分と似てるとも思わないし、同じだとも思わないけど、何かがとても心に引っかかって不思議と泣いてしまった。

    私も、来年やってくるであろうサバティカルに向けて、やるべきこと・やってみたいことをまとめてみようかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月28日

    エンジニアとして忙しくはあるが、その職場に不満があるわけではなかった梶。なんとなく覗いた転職サイトから話は進み、転職する事になった。退職した会社からは出戻り歓迎だと円満に送り出され、新しい職場に出るまでに5カ月の間が空いた。貯金も十分あり、まったく自由なサバティカル休暇となった。アプリを使って、やる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月07日

    中村航のまったり作品は好きでしたが、最近ずれを感じていました。どうも「トリガール」「無敵の二人」なんか違和感があったなぁ。サバティカルは再就職までの長期休暇でやろうとした事、出会いなどになるが、終盤に主人公の特殊事情が判明する。これもテーマなんだろうけど、受け取り方は難しい。恋に恋して恋と思う事が出...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月11日

    エンジニアの主人公は転職が決まり、5ケ月のサバティカル休暇をとることになる。そんなある日、見知らぬ老人と将棋を指すことになり、不思議なサバティカル休暇へと突入することになる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月30日

    転職を機に偶然できたサバティカル休暇(=使途に制限がない職務を離れた数カ月にわたる長期休暇のこと)を過ごす主人公の梶くん。
    淡々とTo Doをこなして行く梶くんの様子に、ちょっと自分が退職した直後のことを思い出したりします。とは言え、最初は話の進む方向も掴めず、思わせぶりで意味の分からないエピソード...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年04月01日

     梶さんの温厚そうな性格故に後半のカミングアウトは胸を掴まれるようなものがあった。自分は異性愛者なので、異性に欲が湧いてこない苦しみは計り知れない。だが、梶さんと元カノの過去の話が示すように、性を一括りにせず、個別具体的に見ていき理解を進めなければならないと感じた。自分の全てを委ねられる相手を探し当...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています