アンド・アイ・ラブ・ハー 東京バンドワゴン

アンド・アイ・ラブ・ハー 東京バンドワゴン

作者名 :
通常価格 1,485円 (1,350円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

それぞれが人生の分かれ道に立った堀田家のメンバーたち、「LOVEだねえ」の決めゼリフでおなじみの第14弾。○「秋 ペンもカメラも相身互い」一進一退を続けるボンの容態に、落ち着かない日々を過ごす堀田家。そんななか、研人の後輩でカメラが上手な美少年・水上が怪しい男に尾行されている? いつもの通り堀田家が助太刀参上! ○「冬 孫にも一緒の花道か」仕事始めのある日、日本を代表する映画監督が<東京バンドワゴン>を訪ねてきて……? 思わぬニュースを喜ぶ堀田家に、ついに一本の電話が――。○「春 花咲かすかその道の」新学期、研人は高校三年生に。東大を目指して受験勉強に励む芽莉依や、バンド仲間の姿を見て進路に悩みはじめる。そんな研人のために我南人が呼んだのは、なぜか勘一長年の因縁の相手<山端文庫>の醍醐教授で……? ○「夏 アンド・アイ・ラブ・ハー」かずみから突然の「老人ホームを決めてきた」の報告に動揺を隠せない堀田家。そして、独身を貫いていた藤島がついに――。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文芸単行本
シリーズ
東京バンドワゴンシリーズ
ページ数
296ページ
電子版発売日
2019年05月31日
紙の本の発売
2019年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

アンド・アイ・ラブ・ハー 東京バンドワゴン のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    読みました

    新渡戸哲也 2021年04月29日

    このシリーズ、なんだかんだでずっと読んでます。

    婚外子が二人もいる家のどこが普通なんだよ!!とかツッコミどころは沢山あるけど、ついみんなの生活をしりたくて読んでしまいました。また来年!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月27日

    ずっと読み続けて13作目?かな。
    毎回、笑いあり涙ありで楽しませてもらえる1冊。
    今回は涙がやや多め。
    人生って、出会いも別れもある。
    後悔のない別れのためには、丁寧な人との付き合いが大切。って、心に染み渡った。
    人々の成長がいつも楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月05日

    大好きな作品シリーズ。
    今回のは特に心が温かくなった気がする。
    ここに出てくる全ての人たちの
    心の熱さ、絆を感じる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月20日

    大好きなシリーズです。
    堀田家の人達みんな好きです。
    男性陣は優しいですね~。
    大人数で住んでいる堀田家、みな仲良しです。
    今回のお話も笑える、泣けるでした。
    出会いがあれば別れもあるはしょうがないですね。
    堀田勘一さんの孫花陽ちゃん、研人君は大きくなりました。
    親戚の子を見ている様な気がしちゃいま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月22日

    少しもの悲しい巻になったかな。でも、その悲しさに直面した時こそ愛なんだなぁ。

    道はそれぞれ。自分の道が我が人生。ときに手を取り、ときに見守り、ときに見送り。その中で愛をきちんと感じながら生きていきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月18日

    今回はせつなすぎて、何度か泣いた。物語の登場人物の溢れる想いに、こんなに胸が痛くなるなんて。あぁLOVEは、つらくてしんどくても繋ぎ止めたくて。マジやっかいだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月28日

    大好きな東京バンドワゴンシリーズ第14弾。
    1年に1度会える堀田家の皆さん。
    日常生活を切り取りつつ、
    月日の流れをしっかりと感じさせる。
    今回は少し寂しいカンジのエピソード多めでした。

    いつも思うけど、このシリーズがずーっと続きますように!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月23日

    堀田家がどんどん人が増えて賑やかになっている一方、離れていく人も…。ずっと一緒にいてほしいと思うけど、そうもいかないのか。出会いや別れやしまい込んだ想いが、人を強く優しくしていくんだな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月20日

    シリーズ14作目。登場人物紹介的な話が毎度繰り返されるのはどうなんだろう。登場人物がどんどん増えてしまったので、ちょっとかったるいところはある。でも、それぞれの話は、相変わらずいい話が多くて楽しめる。しかし、このシリーズもそろそろまとめて欲しいとは思う。いつまでも読み続けていたいとは思うけど・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月01日

    かずみちゃんが、ボンちゃんが、ってちょっと人生ってこんなこともあるよなぁって思いつつでもどこか温かい気持ちになりました

    このレビューは参考になりましたか?

アンド・アイ・ラブ・ハー 東京バンドワゴン の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています