痴情の接吻(3)
  • NEW
  • 最新刊

痴情の接吻(3)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
紙の本 [参考] 499円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

貴女だけが欲しい…偏愛男の危険な「痴情」

図書館司書の和華は、高校時代の同級生・上条とシェアハウスすることに。しかし、上条はずっと和華のことが好きだったと告白、「僕のことを好きになってもらう」と宣言!本さえあれば独りが一番楽しい、恋なんて要らない…そう思って生きてきた和華だが、上条の甘い愛し方に翻弄され、ついに両想いに。しかしここからが上条の本領発揮だった!「忍」と名前呼びするのさえ気恥ずかしい和華に、上条はある「罰」を提案し…!?
極上の男に溺れていく痴情の恋、第3巻!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
プチコミック
ページ数
168ページ
電子版発売日
2020年01月10日
紙の本の発売
2020年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
31MB

関連タグ:

新刊オート購入

    購入済み

    溺愛

    のあのあ 2020年01月18日

    作者さん買いです。
    今回は眼鏡男子。いいですね。
    主人公を誰の目にも触れさせたくない程の溺愛ぶり。羨ましい限りです。
    しかも、料理男子ときた。
    言うことなしじゃないですか。
    今後の展開が楽しみです。波乱起きるのかしら。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    主人公が可愛い!

    くっきーまかろん 2020年01月14日

    待ちに待った第3巻で、早速読みましたが期待通り面白かったです!ハイスペックな彼の策略?によって主人公が段々と素直になっていく姿がとにかく可愛いし、二人の距離がどんどん縮まってきてるのが分かって、読んでてドキドキしました!!笑

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    待ってました〜

    Ann 2020年01月11日

    上条の溺愛と和華のツンデレ、でも和華の気持ちも随分好き好きモードになったのーと進展が気になります。焼きもち焼く上条と鈍感和華。4巻も即買いします!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    甘々

    ちぇいこ 2020年01月11日

    忍の和華に対する執着は凄いですね。でも、あんなにイケメンならいい!これから2人の甘々っぷりが楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    リタイアします

    めろ 2020年01月19日

    ごめんなさい。3巻まとめて購入しましたが私には合いませんでした。
    主人公、その相手どちらにも共感できず、アラサーの恋愛ではないなと感じました。
    この先新刊がでても購入することはないと思います。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    面白い

    たま 2020年01月19日

    やっぱり、恋のライバルって出てくるよねー

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 痴情の接吻(1)
    462円(税込)
    極上の男に執着されるのは、快感ですか? 「恋愛よりも趣味が充実してるほうが楽しい」女・和華と、それを全力で口説きにかかる片思い男・忍の同居ストーリー、開幕! 図書館司書の和華は、大量の蔵書と共に引っ越す物件を探していた。そんな中で再会した研究職の忍は、高校時代、谷崎潤一郎の「痴人の愛」を読んでいた時に、急にキスをされた相手で…!? 突然の同居スタート、さらに「好きだ」と告白さ...
  • 痴情の接吻(2)
    462円(税込)
    恋人ではない男と、痴情に溺れる快楽… 図書館司書の和華は、高校時代の同級生・上条と同居することになる。始めはただのシェアハウスのハズだった。しかし、上条はずっと和華のことが好きだったと告白、「僕のことを好きになってもらう」と宣言!本さえあれば独りが一番楽しい、恋なんて要らない…そう思って生きてきた和華だが、優しく甘く、時に執拗に侵食してくる上条に、快感を覚えるようになり…!? ...
  • 痴情の接吻(3)
    続巻入荷
    462円(税込)
    貴女だけが欲しい…偏愛男の危険な「痴情」 図書館司書の和華は、高校時代の同級生・上条とシェアハウスすることに。しかし、上条はずっと和華のことが好きだったと告白、「僕のことを好きになってもらう」と宣言!本さえあれば独りが一番楽しい、恋なんて要らない…そう思って生きてきた和華だが、上条の甘い愛し方に翻弄され、ついに両想いに。しかしここからが上条の本領発揮だった!「忍」と名前呼びす...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています