検事の信義

検事の信義

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

作家デビュー10周年記念作品

映画化『孤狼の血』本屋大賞第2位『盤上の向日葵』の次は、これだ。
孤高の検事の男気と執念を描いた、心ふるわすリーガル・ミステリー!

任官5年目の検事・佐方貞人は、認知症だった母親を殺害して逮捕された息子・昌平の裁判を担当することになった。
昌平は介護疲れから犯行に及んだと自供、事件は解決するかに見えた。
しかし佐方は、遺体発見から逮捕まで「空白の2時間」があることに疑問を抱く。
独自に聞き取りを進めると、やがて見えてきたのは昌平の意外な素顔だった……。(「信義を守る」)

* 電子書籍版特典として、野性時代2019年3月号掲載の
「佐方貞人シリーズ刊行記念対談 柚月裕子×上川隆也」を
収録しました。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2019年04月20日
紙の本の発売
2019年04月
サイズ(目安)
7MB

関連タグ:

検事の信義 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月29日

    神父が、法廷に証人として登場。 それまでの調査で、被告人の人となりが分かっていたので、神父登場以降、涙無くしては読めなかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月29日

    裁きを望む、恨みを刻む、正義を質す、信義を守る
    の4つの短編が収められている。
    佐方検事のゆるぎない信義で罪が裁かれる。
    信義を守るは、認知症の母親を殺害した男のはなしだが、とても悲しくて、涙が出て止まらなかった。
    善人の弱さと強さに感動した。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月29日

    佐方貞人の検事の生き方は、興味がある。
    「罪はまっとうに裁かれなければならない」
    という姿勢を貫く。空気を読むということはない。

    裁きを望む
    郷古勝一郎宅に、腕時計を盗んだのが、実子の芳賀渉だった。
    芳賀渉は、認知されていなかった。
    しかし、腕時計を盗んだわけではなかった。
    つまり、認知させるため...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月02日

    久しぶりに単行本買いました笑 それだけこのタイミングで読みかったことなんだけど。大きな流れはあるんでしょうけど、完全に単発ものの様相。これってもう弁護士になってからの話はないってことですか?誰か知ってたら教えて下さい! 「正義を質す」では「狂犬の眼」とつながる話でもありワクワクは加速!しそうになった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月08日

    佐方検事らしいストーリー。柚月さんの読みやすい文体で、あっという間に読み切った。
    短編に近い感じだったので、少し物足りなかったので、星4つ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月05日

    ガミさんの話に比べると静かな展開。
    しかしながら、その中にも緻密に考えられた構成があり、納得させられる。
    面子よりも信条を貫く佐方の行動は粋だ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月01日

    「罪はまっとうに裁かれなければならない」 正義を貫く佐方検事に痺れます
    シリーズ4作目らしいので前3作も是非読んでみたい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月13日

    佐方貞人シリーズの第4弾。ヤメ検の弁護士になることが分かっている検事5年目の佐方に配点された4つの事件。
    罪がまっとうに裁かれるように犯罪の真相に迫る結果として、検察庁としては納得し難い問題判決にも躊躇しない佐方の姿勢には相変わらず舌を巻くが、それも直属の上司である筒井の存在あってこそだと痛感する。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月09日

    田舎の地方都市に
    暮らしています
    その町にはご夫婦でやっておられる
    小さな「ご飯屋」さんが
    あります。
    焼き魚定食
    トンカツ定食
    豚の生姜焼き定食
    すき焼き定食

    どれも650円で
    どれもおいしい
    時々利用させてもらうのですが
    お昼時などは
    いつも常連客さんで
    にぎわっています

    柚月さんの
    「佐...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月08日

    ようやく読めた柚月裕子の検事佐方シリーズの最新刊は、短編4編の内容でしたが、相変わらずぶれなく事件と向き合う佐方の姿が良かったですね。
    しかも本作は、まさかの孤狼の血とのコラボ作もあり、日岡との共演はファンとしては涙ものの展開でした!
    またこのシリーズの作品の続編を期待したいと思います!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています