わたし、定時で帰ります。―ハイパー―

わたし、定時で帰ります。―ハイパー―

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

大注目のお仕事小説第二弾。絶対に残業しない主義の結衣だったが、なんと管理職になってしまう。新人教育を任されたものの、個性的過ぎる若者たちに翻弄される結衣。そんな折、差別的なCMで炎上中の企業のコンペに参加することに。パワハラ、セクハラのはびこる前時代的で超絶ブラックな社風に、結衣は絶句するが……。

ジャンル
出版社
新潮社
電子版発売日
2019年04月12日
紙の本の発売
2019年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

わたし、定時で帰ります。―ハイパー― のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月14日

    あっという間に読み終わった。
    社会人となると何かしらの『圧』を感じるもので、明確なものがハラスメント関係だろう。
    下請けに強く出てまるで『奴隷』のように扱いたがる人間は意外と多いし、封建的な制度に押し込められることに慣れてしまう人、親世代との働き方の違いに困惑する人、その親からの様々な押し付けによっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月24日

    はぁ、思わずため息。結衣、かっこいい!
    自分と同世代でバリバリ働く姿、さらに管理職だなんて。
    自分の信念を貫き、部下を守り、ブラック企業に立ち向かい…すべてがかっこいいです。
    ストーリー自体も読み応えがあり、読み出したら止まりませんでした。
    さらに個性的な登場人物たちも良い味出してます。
    最後のハッ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月24日

    ドラマでやった内容の一部でした。

    読み応えあったー。

    うちの会社は、ブラックじゃないなぁと思えた。
    今、そこまで仕事忙しくないけど
    なんだか頑張ろうって思えた。

    てか、今の新入社員ってこんななの⁉︎
    あー、無理無理!!
    教育係とか絶対無理!
    耐えらんないわぁ。

    みんな、、言葉が少なくて誤解生...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月28日

    一気に読みました
    勧善懲悪で締めるのではなく弱さも認める
    そして幸せになるのも周りの思いも考えるという発想も目が覚めました

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月09日

    泣いた。
    強烈なキャラクター、会社、、でも現実にもあるんだろうな。自分も結衣みたいになりたいけど、頑張れない気がする。種田さんのやさしさが沁みる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月16日

    既読。とにかく、面白かったし、考えさせられた。
    #セ・パ制覇
    #わたし定時で帰ります
    #ハイパー
    #朱野帰子
    #セクシャルハラスメント
    #パワーハラスメント
    #インパール作戦
    #忠臣蔵

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月18日

    テレビを見てないけど、評判を聞いて前作と本作を一気読み。まぁ、軽い。
    軽いノリで正義は勝つ。
    ちゃんとハッピーエンドだし。
    いかにもテレビ向けだと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月06日

    TVドラマより圧倒的に面白い!
    これほど自分や家族、友達、同僚、会社、取引先のことを、そして人生のことを考えたことがあるだろうか?私は無い。。。皆は??
    そもそも避けてるな、面倒くさくて^^;
    さて、まずは忠臣蔵を読んでみよっと(^^)/

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月03日

    忠臣蔵 を縦糸に男尊女卑・体育会系会社組織との抗争。民間企業の今でも変わらない(国会でも、マスコミでも女性記者・アナは接待要員)。それを改革しようとする。敵が大きいだけにこちらのほうが読みでがあった。最後がうまくいきすぎだけど。会社のために働くのではない。働く意味を問うところがいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月15日

    2020年7月15日
    いろいろな人がいるなあ。
    体育会系の罪は大きいなあ。
    時代に遅れずせ前進していくこと
    自分の言動を振り返ること
    遅々として改革の進まない体制でも
    できることから動くこと
    諦めないこと
    信じること
    理不尽なことの中でモチベーション持ち続けていかなくちゃね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています