日航123便墜落 遺物は真相を語る

日航123便墜落 遺物は真相を語る

作者名 :
通常価格 1,815円 (1,650円+税)
獲得ポイント

9pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

あの事故の背景に何があったのか―ミサイル開発、追尾するファントム機、赤い物体、機長の制服の行方…御巣鷹の尾根で、遺体は何を訴えていたのか、さらに遺物の化学分析から何が見えてくるのか。徹底的な調査でさらに事態の真相に迫る、告発のノンフィクション第三弾。

ジャンル
出版社
河出書房新社
ページ数
196ページ
電子版発売日
2019年04月05日
紙の本の発売
2018年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

    Posted by ブクログ 2019年06月04日

    元日本航空客室乗務員 青山透子 著「日航123便墜落 遺物は真相を語る」、2018.7発行、著者が全身全霊で取り組んだ渾身の書だと思います。1985年、8月12日、御巣鷹の屋根に墜落し520名の命が失われた日航123便の墜落、これは、事故か事件か。群馬県警本部作成の資料集のタイトルは「日航機墜落事故...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月17日

    ご遺体や機体の残骸に残った化学成分からきちんと検証し分析しています。これが真実だと思っています。
    多くの人に読んで欲しい、知って欲しいです。

    ご遺族、当時の事を知る関係者の方、みな高齢になっています。時間がありません。

    当時の運輸省、防衛省、中曽根さん、JALの関係者、どうかどうか。死ぬ前に本当...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月04日

    この問題を追う元日航乗務員青山透子さんの新作。去年出たと聞いた時に借りたのが、旧作の改題版の方だったので、改めて。
    前作以降の反響と反論を受けた書き足しと、新たな証拠を踏まえての更なる補強。
    読む限り、そうなろうなと信じられる内容。ただ、それが事実として世の中で認められる日が来るかどうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月26日

    日航123便墜落 遺物は真相を語る
    青山秀子 河出書房新社

    シリーズ最後となるこの内容はスサマジイ
    一気に読み上げてしまいました
    嘘と秘密による傲慢な権力の
    理不尽な暴力に背筋が凍る思いだ
    芯まで墨のように裏も表もなく炭化した遺体
    ドライアイスも間に合わず
    暑さに腐り蛆がわく腐敗臭の中で
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月08日

    1985年8月12日に起きた、乗員乗客合わせて524名中、520名が死亡し、史上最悪の墜落事故といわれる日本航空123便墜落事故。圧力隔壁の修理ミスが原因とされたこの事故について前著『墜落の新事実―目撃証言から真相に迫る』では、多くの目撃者の証言を集め、あらためて検証し、驚愕の「不都合な真実」を暴露...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月27日

    知りませんでした。先に刊行されたものから読む方がわかりやすいです。国は度々許されないことをやる。これが事実ならこの国はどうなるのか。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています