レオナルド・ダ・ヴィンチ 上
  • ptバック

レオナルド・ダ・ヴィンチ 上

作者名 :
通常価格 1,936円 (1,760円+税)
紙の本 [参考] 2,420円 (税込)
獲得ポイント

783pt

  • 40%ポイントバック

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「あまたあるダ・ヴィンチ本のなかで、これが決定版だ」――ビル・ゲイツ絶賛
ニューヨークタイムズベストセラーリスト 第1位!

世界的ベストセラー『スティーブ・ジョブズ』の評伝作家がダ・ヴィンチの遺した全7200枚の自筆ノートをもとに執筆。その天才性と生涯のすべてを描き切った、空前絶後の決定版。「モナリザ」「最後の晩餐」――没後500年、最難関の謎が、遂に解かれる。

オールカラー/図版144点を贅沢にも収録。本作に惚れ込んだレオナルド・ディカプリオによる製作・主演で映画も決定。

【上巻要旨】
「芸術(アート)」と「科学(サイエンス)」を結び「創造性(クリエイティビティ)」を生み出した。科学者であり、軍事顧問であり、舞台演出家だった。光学、幾何学、解剖学などの、点と点を結ぶ芸術家であり人類史上はじめて現れたイノベーターだった。同性愛者であり、美少年の巻き毛の虜となった。

【上巻目次】
序章 「絵も書けます」
第一章 非嫡出子に生まれた幸運
第二章 師に就き、師を超える
第三章 才能あふれる画家として
第四章 レオナルド、ミラノへ“寄贈”される
第五章 生涯を通じて、記録魔だった
第六章 宮廷付きの演劇プロデューサーとして
第七章 同性愛者であり、その人生を楽しむ
第八章 ウィトルウィウス的人体図
第九章 未完の騎馬像
第一〇章 科学者レオナルド
第一一章 人間が鳥のように空を飛ぶ方法
第一二章 機械工学の研究者
第一三章 すべては数学であらわせる
第一四章 解剖学に熱中する
第一五章 岩窟の聖母
第一六章 白貂を抱く貴婦人
第一七章 芸術と科学を結びつける

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / 人物評伝
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
シリーズ
レオナルド・ダ・ヴィンチシリーズ
ページ数
392ページ
電子版発売日
2019年03月29日
紙の本の発売
2019年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
62MB

レオナルド・ダ・ヴィンチ 上 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年06月20日

    まず、本書ではレオナルド・ダ・ヴィンチをレオナルドと呼んでいるため、今回は私もこれに倣って感想を述べます。 

     本書は芸術家としてのレオナルドではなく、数学、音楽、生物学、軍事、あらゆる面で才を見せていた「万物学者」としてのレオナルドを知ることができます。 
     レオナルドはなぜ天才と呼ばれたのか、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月28日

    レオナルドに興味を抱いたのはフランスのトゥールを訪れた際に、近くのアンボワーズ城に彼の墓があると偶然知って、好奇心に導かれて見に行ったことが始まり。それに加えて2019年は没後500年であり、ルーブル美術館で大規模な展示会や故郷のヴィンチ村も盛り上がっていた。

    それ以来、レオナルドに関する情報を様...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月04日

    ダビンチが残した7200枚のノートをもとに書き起こされた作品の上巻。

    読んでみて、とんでもない天才ぶりに頭がついていかない…

    十三章に出てきた、複式簿記を広めたと言われる数学者ルカ・パチョーリとも親交があったり。『帳簿の世界史』に載ってたかな??

    十四章の解剖学に熱中とか、現代だとかなりやば...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月23日

    ビル・ゲイツ推薦。
    出口治明氏推薦。

    「スティーヴ・ジョブス」を著したウォルター・アイザックソンの「レオナルド・ダ・ヴィンチ」


    先々月、イタリアのフィレンツェのウフィツィ美術館に行った際、
    その中にある数々の絵画の中で、
    ボッティチェリやラファエロよりも群を抜いて、
    この目に心に突き刺さってき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月28日

    「モナリザ」や「最後の晩餐」といった歴史的絵画を生み出したルネサンス期の巨匠・レオナルド・ダ・ヴィンチの生涯を振り返り、天才画家としての側面のみならず、兵器や城壁の設計から人体解剖に至るまで、多種多様な分野での隠れた実績に光を当て、その人物像を鮮やかに描き出した一冊(正確には上下2冊)。

    著者はダ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月28日

    レオナルド・ダ・ビンチの生涯と科学者としての即席、芸術作品解説など。
    余りにおおきな天才なので、却ってあやふやに知っていることが誤解を自己の中にもたらしている。そういう「誤解」を説いてくれる好著。
    この本は、さすがアイザクソン。読んでいて楽しい、引き込まれる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月19日

    中学校ぶりに美術や芸術に触れる機会になった本。
    偉人のバックボーンを知る事はとても楽しい。
    「好奇心は肉欲をも駆逐する」大好きになった言葉。

    世間に出回っている作品は作者の氷山の一角だなあと思わされた。
    誰もが知る『モナリザ』等の作品は、
    解剖学・幾何学、そして何よりレオナルド自身の果てしない知的...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月08日

    果てない好奇心、本当に見習いたい。日々の気づきを拾いながら、いつもそのままにしていると改めて気づく。興味を持つだけでなく、それを自分の納得いくまで深める探究心。今の様々な事物も意外とレオナルドが関わってたりすると知った。伝記面白い!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月22日

    昔レオナルドのノートという文庫本を買ったがまだ読まないで置いてある。独創的な天才というイメージだったが、彼の発想も同時代の人や古代の人の思想と無縁ではありえない。むしろ、ルネサンスという名に相応しく昔の人の思想を深めている。孤高でもない。社交家で色々な分野の人と繋がっている。アイデアはいつの時代も文...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月20日

    教科書に出てくるような歴史上重要な作品を数多く所蔵するルーブル美術館でも、モナリザの扱いは完全に別格だった印象がある。 舞台は華あるルネサンス期で、グーテンベルクの活版印刷が急速に広まって欧州社会を変革させ、大航海時代にも迫る15世紀末となっており、錚々たる豪華登場人物が彩る魅力的な内容は、ダ・ヴ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

レオナルド・ダ・ヴィンチ のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ 上
    ptバック
    「あまたあるダ・ヴィンチ本のなかで、これが決定版だ」――ビル・ゲイツ絶賛 ニューヨークタイムズベストセラーリスト 第1位! 世界的ベストセラー『スティーブ・ジョブズ』の評伝作家がダ・ヴィンチの遺した全7200枚の自筆ノートをもとに執筆。その天才性と生涯のすべてを描き切った、空前絶後の決定版。「モナリザ」「最後の晩餐」――没後500年、最難関の謎が、遂に解かれる。 オールカラー/図版144点を贅沢にも収録。本作に惚れ込んだレオナルド・ディカプリオによる製作・主演で映画も決定。 【上巻要旨】 「芸術(アート)」と「科学(サイエンス)」を結び「創造性(クリエイティビティ)」を生み出した。科学者であり、軍事顧問であり、舞台演出家だった。光学、幾何学、解剖学などの、点と点を結ぶ芸術家であり人類史上はじめて現れたイノベーターだった。同性愛者であり、美少年の巻き毛の虜となった。 【上巻目次】 序章 「絵も書けます」 第一章 非嫡出子に生まれた幸運 第二章 師に就き、師を超える 第三章 才能あふれる画家として 第四章 レオナルド、ミラノへ“寄贈”される 第五章 生涯を通じて、記録魔だった 第六章 宮廷付きの演劇プロデューサーとして 第七章 同性愛者であり、その人生を楽しむ 第八章 ウィトルウィウス的人体図 第九章 未完の騎馬像 第一〇章 科学者レオナルド 第一一章 人間が鳥のように空を飛ぶ方法 第一二章 機械工学の研究者 第一三章 すべては数学であらわせる 第一四章 解剖学に熱中する 第一五章 岩窟の聖母 第一六章 白貂を抱く貴婦人 第一七章 芸術と科学を結びつける
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ 下
    ptバック
    「あまたあるダ・ヴィンチ本のなかで、これが決定版だ」――ビル・ゲイツ絶賛 ニューヨークタイムズベストセラーリスト 第1位! 世界的ベストセラー『スティーブ・ジョブズ』の評伝作家が、ダ・ヴィンチの遺した全7200枚の自筆ノートをもとに執筆。その天才性と生涯のすべてを描き切った、空前絶後の決定版。「モナリザ」「最後の晩餐」――没後500年、最難関の謎が、遂に解かれる。 オールカラー/図版144点を贅沢にも収録。 本作に惚れ込んだレオナルド・ディカプリオによる製作・主演で映画も決定。 【下巻要旨】 人類の、自然の、宇宙の秘密を、いつも知りたかった。死者の顔の皮膚を切り取り、筋肉を研究したことであのえもいわれぬ「モナリザ」の微笑を生み出した。 「最後の晩餐」で試みたのは、単純な遠近法だけではない。彼の真髄を理解するには「科学」が絶対に必要なのだ。没後500年の歳月を経て、初めて明かされる制作意図。誰も知らなかったダ・ヴィンチのすべてがここに。 【下巻目次】 第一八章 最後の晩餐 第一九章 母の死、そして苦難 第二〇章 フィレンツェへ舞い戻る 第二一章 聖アンナと聖母子 第二二章 失われた作品、発見された作品 第二三章 殺戮王チェーザレ・ボルジアに仕える 第二四章 水力工学 第二五章 ミケランジェロとの対決 第二六章 またもや、ミラノへ 第二七章 解剖学への情熱、ふたたび 第二八章 地球と人体を満たすもの、その名は水 第二九章 法王の弟に呼ばれ、新天地ローマへ 第三〇章 人間の姿をした天使の秘密 第三一章 モナリザ、解けない微笑の謎 第三二章 最期の地、フランスへ 第三三章 ダ・ヴィンチとは何者だったのか 結び キツツキの舌を描写せよ

レオナルド・ダ・ヴィンチ の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています