隠居すごろく

隠居すごろく

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

巣鴨で六代続く糸問屋の主人を務めた徳兵衛。還暦を期に引退し、悠々自適な隠居生活を楽しもうとしていたが、孫の千代太が訪れたことで人生第二のすごろくが動き始めた……。心温まる人情時代小説!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2019年03月29日
紙の本の発売
2019年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

    Posted by ブクログ 2019年10月10日

    面白かった!
    商い一筋から隠居した爺さん・徳兵衛のもとに、心優しきピュアな孫・千代太をきっかけに次々と騒動が舞込む、楽しく切なく爽快な一冊。
    あまり表立っては出てこないけれど、徳兵衛の嫁・お登勢が良い!かっこいい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月26日

    読み進むうちにどんどん引き込まれていきました。
    糸問屋の六代目徳兵衛が隠居してからのお話。
    孫の千代太が徳兵衛を巻き込んでいきます。
    徳兵衛が千代太に、そして千代太が徳兵衛に感化されお互いが成長していきます。
    とても心に残るいい本でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月19日

    商売に厳しく、細かいことまで目が届き、厳しく怖いそんな6代目の店主が還暦を迎え、ある日隠居を宣言する。
    糸問屋「嶋屋」は大店とは言えないまでも堅実に7代目に引き継がれた。

    隠居、徳兵衛は、女子供でも歩けるほどの近くに、丹念にリサーチした百姓家を隠居屋とした。

    妻のお登勢は、おっとりした跡取りの嫁...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月28日

    のんびりした隠居生活のはずが,孫の千代太の優しさからの頼みごとがどんどん膨らんで,いろんなことが大きく育っていくところ,手習いから始まって,組紐の立ち行き,子ども芝居や商売の工夫,それらがお互いを成長させていく.お見事というしかない人物の動きと口上,涙あり笑いありの物語.本当に面白かった.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月16日

    隠居して家移りもした。これからは悠々自適の隠居生活・・・?

    おもしろすぎて一気に読んでしまった。
    子供達特有の言いようと、そこを収めていく隠居さんがさすが。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月28日

    初出 2017〜18年「公明新聞」

    文句なく面白い。笑えるし泣ける。

     商売一筋の厳格な糸屋の主徳兵衛が隠居して、隠居所に引きこもったが、心優しい8歳の孫の千代太が、「かわいそうな」犬、猫、欠食の兄妹を、寂しくて「かわいそうな」おじいさまの隠居所に連れてくる。
     徳兵衛は商人の心得を教え込み、貧...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月04日

    導入部でちょっと戸惑iましたが、すぐに引き込まれてしまいます。
    七代目に店を譲った、一本筋は通っているが偏屈で吝嗇な糸問屋の隠居・徳兵衛。喜々として隠居所での生活を始めたものの、元々道楽など無く暇を持て余していた。その隠居所に通い始めた孫の千代太が、次々と可哀想なもの、犬、猫、果ては飢えた子供を拾っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月29日

    堅実に仕事に打ち込んできた、糸問屋の6代目、徳兵衛の隠居後のお話。
    最初の100ページ位は、怒りっぽくて吝嗇家の、寂しい隠居生活が綴られていて、ちょっと読み続けるのをどうしようかと思ったけど。
    やたらと優しい孫に振り回される内に、隠居生活が充実したものに。
    商売の工夫と人情を組み合わせたサクセスス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月20日

    店を息子に譲り、静かでのんびりした隠居生活を始めようとした徳兵衛。
    しかしその思惑は、隠居所に孫の千代太が現れたことから大きく外れていく…。

    西條さんらしい、楽しくテンポよく展開していく作品。
    最初は口うるさく融通の利かない老人だった徳兵衛と、お坊ちゃんで優しいだけが取り柄の千代太が段々変わってい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月02日

    巣鴨で六代続く糸問屋の嶋屋。店主の徳兵衛は、還暦を機に隠居生活に入った。
    静かな時間を過ごすつもりが、孫の千代太が隠居家に訪れたことから、厄介ごとが舞い込んでくる。人生の「第二の双六」の賽を振ってしまった徳兵衛。心優しい千代太がかわいくて、情が幸を生む。読んでいてほっこりとする、西條奈加さんが描く時...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています