探偵はぼっちじゃない
  • 値引き

探偵はぼっちじゃない

作者名 :
値引き価格 1,232円 (1,120円+税) 7月29日まで
通常価格 1,760円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

生徒と教師、それぞれの屈託多き日々に降りかかった「謎」がやがてひとつとなったとき、何が起こるのか。中学3年の夏休みに書かれた、瑞々しくも企みに満ちたミステリ! 第21回ボイルドエッグズ新人賞受賞作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2019年03月28日
紙の本の発売
2019年03月
サイズ(目安)
3MB

探偵はぼっちじゃない のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年01月01日

    表紙で気になって購入しました
    生徒目線と教師目線で話が進み、テンポが良かったです。
    想像できないラストで驚きでした

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月29日

    凄く凄く素敵でファンレターをかこうかと思いました。
    読み終わって考えてみると、1番素敵なのは本の「題名」だと思います。作中では題名を付けることを保留にしたのに、、、って凄く粋だと思います。
    残り99冊の本を楽しみにしています!
    私が学生だからか分かりませんがとっても読みやすかったです!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月21日

    ミステリ的な面白さはもちろんのこと、YAものとしての面白さと力強さに感服した。
    友達との関係性、将来の夢、両親との確執。それら全てを超越する、一緒にミステリ小説を書こうという言葉。中学生男子と新人中学校教師の視点が交わる時に見える真実。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月02日

    たまたま本屋で見つけて購入。
    面白かったー。原口先生と石坂先生がもっとからんでくるのかと思ったし
    オチが甘い気もしたし、緑川が書いた小説のオチも読めたけど
    それでもよかった。
    原口先生の「子どもっぽさ」には辟易したけど、全体として読みやすく青春っぽくてよかった。
    と思ってたら、作者は15歳でこの作品...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月17日

    この作品を執筆したのは中学3年の自由研究なんだとか。

    普段ベテラン作家ばかり読んでいるのもあり、最初は細かい描写が多く文章が読みにくいなぁと感じた。
    それでもこの描写は、大人になってしまうと難しい。瑞々しくて爽やかで、でも陰鬱としていて…そういう時代を思い出した。
    大人になると、子供はいいよねって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月30日

    なんか文章がこなれていないなあ
    なんてはじめつっかえつっかえ読んでいた

    中学三年の小説だよ!
    信じられない
    ミステリーに仕上がってるし
     
    子ども目線の内容がいいな
    次作が楽しみ

    ≪ 探偵も ほら僕だって ぼっちじゃない ≫

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月03日

     学校を舞台としたミステリ。
     学校のカースト、枠組みの中にいるからこその閉塞感ってあるよなぁと思い出す。
     学生側、先生側の2つの視点から語られる物語は、子供でも大人でも生きづらいことを教えてくれる。けれども、未来を選べるのだなぁと。
     作者がこの物語を書いたのが、中学3年生ときいてびびる。いわれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月24日

    中学生が書いたミステリ、という事で話題の本書。内容は3つのパートに分かれていて、生徒の視点、教師の視点、それに作中作となる短篇ミステリ。これらが章ごとに代わる代わる進行していく。ジャンルとしては青春ミステリだね。
    取り敢えず作中作のミステリにしても、他のパートの仕掛けにしても、幾つも似た前例があって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月26日

    都内の私立中学に通う緑川は、夏休みに同じ中学の星野の考えたトリックで推理小説を書き始める。一方、学校の創業者の孫で数学教師の原口は、同じ学校の石坂先生と自殺サイトに自分たちの中学の生徒とみられる中学生を見つけてしまう。
    塾に通う合間に星野の家で小説を書く緑川と、石坂先生と自殺サイトの中学生を特定しよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月09日

    中学生パート・教師パート・作中作パートが繰り返される。特に作中作があることが散漫な印象の一因じゃないかと思ったものの、読後に中3作品と知ってびっくり。すごいわ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています