インド倶楽部の謎

小説11位

  • NEW

インド倶楽部の謎

作者名 :
通常価格 1,080円 (税込)
紙の本 [参考] 1,350円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

前世から自分が死ぬ日まで――すべての運命が予言され記されているという「アガスティアの葉」。神戸の異人館街の外れにある屋敷では、この神秘の葉を一目見ようと<インド倶楽部>のメンバー七人が集っていた。しかし数日後、港で変死体が揚がり殺人事件が相次ぐことに。まさかその死は予言されていたのか? 捜査をはじめる臨床犯罪学者の火村英生と推理作家の有栖川有栖は、謎に包まれた例会と連続殺人事件の関係に迫っていく!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社ノベルス
電子版発売日
2018年09月07日
紙の本の発売
2018年09月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年09月09日

待ちに待った、というより勝手に待っていただけなのだが、13年ぶりの国名シリーズである。うれしくて手汗が止まらない(書店の紙カバーがふやけた)。インド亭で行われた、とある例会が語られる導入。そこからどのように謎が展開していくのか期待を膨らませ、夢中で読んだ。さらには読者を楽しませてくれる小ネタ(?)も...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月11日

事件自体は謎めいていながらも地味で、ホワイダニットに焦点があるので犯人がわかったときの気持ちよさはなく、そうか……という感じ。有栖川ミステリは犯人わかっても気持ちよさより切なさが勝つのが常なのですが。
アリスの発言がやたらメタいのでそういう感じだっけ?と戸惑いましたが、あとがき読むにそこも含めてのこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月13日

火村モノの国名シリーズ(国名シリーズとしては十三年振りってのにビックリ。別タイトルのモノは出ているからそんなに久しぶりの感じはしないのだけど)。
今回、読んでてちょっと普段とテイストが違う(社会派っぽいというか、地味というか、堅実路線というか…)…と思いながら読みましたが、あとがきに書かれた言葉を読...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play