シンドローム(上)

シンドローム(上)

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
紙の本 [参考] 2,035円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

2009年、ハゲタカと呼ばれた世界的な企業買収者・鷲津良彦は、原子力発電所を建設する民営会社の株を買収に失敗。財・政・官がもつれあう、権力構造の複雑怪奇さを思い知る。その2年後。リベンジを賭け、総本山「首都電力」に買収を仕掛けようとした矢先の2011年3月。東北を未曾有の地震、津波、最悪の原発事故が襲う。

ジャンル
出版社
講談社
電子版発売日
2018年08月03日
紙の本の発売
2018年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB
  • ドラマ化

    「ハゲタカ」

    2018年7月19日~ テレ朝系
    出演:綾野剛、渡部篤郎、沢尻エリカ

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2019年01月09日

    真山仁の真骨頂なのかな。
    フィクションに近い 原発のメルトダウンの
    総理大臣、原子力専門家、電力会社首脳部、の混乱に満ちた対応。
    メルトダウンを止めることが可能だったことが、わかる。
    それにしても、総理の判断能力のなさ。全くアホだ。
    あぁ。こんな人が、総理になっちゃいけない。
    ここまで、しっかり描く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月04日

    今回は、電力会社に対して買収を進めていく。東日本大震災時の原発事故の話は、ネットで当時の状況を調べてみたら、シンドロームと内容が外れておらず、とても参考になった。柴野さんや飯島さんも登場して、個人的に良かった。下巻が楽しみ。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月09日

    忘れつつある震災のことを、はっきりと思い出させてくれるもので、ほぼノンフィクションです。

    一点いただけないのは、福島県のみ架空の磐前県という名称になっていること。
    福島県に配慮したのかもしれませんが、誰が読んでも磐前=福島であることは一目瞭然。自分は違和感を感じました。
    読むことを強制されている訳...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月06日

    ハゲタカと呼ばれる企業買収家・鷲津政彦が次のターゲットに選んだのは”首都電力”。3.11発生の大地震で甚大な被害を被った原発とその被害状況確認に追われる総理官邸だが、迅速な行動が出来ず、いたずらに時間だけが過ぎてしまう中、鷲津は狙った獲物に対し着々とその大爪を広げていた。あらゆる手段を用いて狙った獲...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月20日

    4.0 ハゲタカ鷲津が原発事故を起こした電力会社買収を画策。綿密な取材をしたと思われるノンフィクション並の迫力あるストーリーが圧巻。もちろん下巻も。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月05日

    最近は東日本大震災の記憶が薄れつつあったが、本作で原発事故の様子が克明に描かれていて一気にあの頃のことを思い出した。フィクションであることを忘れそうになったくらいにリアル。
    鷲津が蒔いた種で、下巻では首都電力を買収できるのか楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月01日

    今回の鷲津がねらったのは電力会社、Jエナジーは財界総理濱尾の邪魔が入り断念するが次はその濱尾が会長を務める首都電力に手を伸ばす。東日本大震災原発事故の迫真の描写に臨場感あり、政府の迷走ぶりもリアル。買収の攻防は下巻へ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月25日

    震災を思い出す。何故電源車が着かなかったのか?何故自衛隊が早くに出られなかったか?
    未だに終わりのない第一原発の処理。どうなるのか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月28日

    今作は東日本大震災、原発事故が題材となっており、日本国内のみで展開しているからか、前作より入り込みやすい印象でした。ただ、ドキュメンタリー的な描写が多く、マネーゲームの部分は薄くなっています。それでも今後の展開がとても気になりますし、芝野、鷲巣他各登場人物の濃さも感じさせて、言い方が悪い部分もありま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月29日

    「ハゲタカ」シリーズ、原子力発電所、電力会社の巻。
    微妙な部分に手を付けたな、という印象。
    どこらへんまでが現実とリンクしてるのか、興味のあるところ。
    それにしても・・・あの時期、原発問題は自分が認識してるよりももっと深刻だったのだろうな、と思った。
    改めて、怖いな、、、。
    芝野さんと、鷲津くんが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • シンドローム(上)
    1,650円(税込)
    2009年、ハゲタカと呼ばれた世界的な企業買収者・鷲津良彦は、原子力発電所を建設する民営会社の株を買収に失敗。財・政・官がもつれあう、権力構造の複雑怪奇さを思い知る。その2年後。リベンジを賭け、総本山「首都電力」に買収を仕掛けようとした矢先の2011年3月。東北を未曾有の地震、津波、最悪の原発事故が襲う。
  • シンドローム(下)
    1,650円(税込)
    官邸は迷走し、首都電が責任回避に奔走するばかり。原発メルトダウンの危機は確実に進行する。表向き救世主として振る舞う鷲津は、けっして本当の狙いを明かさない。原発事故の危機のカウントダウンと、ハゲタカ鷲津の巨大買収劇が、同時並行で進む、リアル金融サスペンス。驚愕と感動の結末へ向かう!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています