古事記異聞 鬼棲む国、出雲

古事記異聞 鬼棲む国、出雲

作者名 :
通常価格 810円 (税込)
紙の本 [参考] 950円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日枝山王大学の民俗学研究室に所属する橘樹雅は、研究テーマ「出雲」についての見識のなさを担当教官・御子神伶二に指摘され、現地に旅立つ。出雲四大神とは何なのか、伊弉冉尊を偲ぶ「神在祭」とは? 雅が向かう黄泉比良坂では、髪を切られ、左眼に簪を突き立てられた巫女の遺体が発見される。知られざる歴史の真実を描く新シリーズ!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社ノベルス
電子版発売日
2018年06月08日
紙の本の発売
2018年06月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年06月23日

高田崇史の最新刊でさらに新シリーズ。主役は橘樹雅という民俗学の院生、キャラ的には相原美緒のようなイメージで場違い感があるが、これはこれで先々育っていくとう流れになるのか、それとも奈々のような本人は意識しないながら、良いヒントセリフを言わせる立ち位置に置くのか、どうなるのか。さらに、なんとなくタタルと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月13日

ずっと読み続けてきた作者なので☆4つだけど、3つなのかな?
というのは、現代の殺人事件がどうにもよく分からない、出雲にかかわる主人公の動きとの関連が薄くて、それがどうにもよく分からない、という感じを受けます。
ずうっとその傾向はあったのですが、今作はそれがもっとも強いかな。
だから、この本をもって、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月17日

 大学院生になったばかりの橘樹雅は、研究テーマに『出雲』を選ぶ。しかし、それを聞いた担当教官である御子神伶二に、出雲に対する見識のなさを指摘され、それならば、と資料を手に出雲へ発つ。
 そこで実感したのは、「出雲」そして「大国主命」の周囲にある数多の謎。そして、神話について回る「櫛」の存在だった。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

中途半端

barachan 2018年06月22日

高田氏の小説としては、ミステリー部分も古代史部分も中途半端な尻切れトンボでした。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play